本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > ビルベリー > 反射神経の維持にも役立つ - ビルベリー

作成日 2012年01月17日
更新日 2014年06月07日

ビルベリー

反射神経の維持にも役立つ

ビルベリーに含まれるアントシアニンなど成分には、目の働きを良くしたり、目の病気を予防するといった働きがあることが広く知られており、ドラッグストアやインターネットなどで、たくさんのビルベリーのエキスを含んだ食品が販売されています。そういったビルベリーのエキスを含んだ製品の数々には、「パソコンを使う人や読書が好きな人に」などの宣伝文句が記載されていますが、ビルベリーのエキスは「画面を見る」「細かい文字を読む」といった場面のほかにも、私たちの目や体にうれしい働きをしてくれています。

これまでにも、スポーツと視力の関係について、いくつかお話しをしてきましたが、スポーツ選手の視力を1.2から0.5に矯正すると、その選手のパフォーマンスは約40%にまで低下してしまうと言われています。さらに、目に良い効果があると言われるビルベリーのエキスを含んだ食品を摂った選手は、ビルベリーのエキスを含んでいない食品を摂取した選手に比べて、本来持っているパフォーマンスや動体視力をきちんと維持できるという研究結果も出ています。今回ご紹介する研究結果は、「目と手の協応動作」についての研究結果です。

「目と手の協応動作」と聞くと、とても難しそうですが、「反射神経」と言い換えれば分かりやすくなります。穴から頭を出したモグラを見つけ、素早くハンマーで叩く「モグラたたき」ゲームは、人間の反射神経を利用したゲームです。この反射神経という能力は、野球やバスケットボール、テニス、サッカー、ボクシングといった、ボールや人の動きを目でとらえ、瞬時に体を動かすというスポーツにおいてとくに重要になる能力です。

ビルベリーの成分の働きと、目と手の協応動作との関係を調べるために、ビルベリーのエキスを含む食品を摂った人と、ビルベリーのエキスを含んでいない食品を摂った人について、「点灯している120個のライトすべてを、手で押して消す」までにかかる時間を、一定の運動の前後で計測しました。人間の体は、運動によって疲労すると、視覚機能や身体機能が低下し、反射神経が鈍くなるのですが、ビルベリーのエキスを含む食品を摂った選手も、運動後に反射神経が鈍くなるのでしょうか。

ビルベリーのエキスを含む食品を摂った選手がライトを消すまでにかかった時間(反応時間)は、運動前と運動後を比較しても変化は見られませんでした。その一方で、ビルベリーのエキスを含んだ食品を摂らなかった選手がライトを消すまでにかかった時間は、運動前と運動後を比較すると、運動後は遅くなっていることが分かりました。このことから、ビルベリーのエキスには、反射神経を維持する効果があるということが確かめられたのです。

<< 胃潰瘍の予防効果 に戻る 炎天下での視機能低下を防ぐ に進む >>

ビルベリーに関するその他の情報

ビルベリー 光による障害から目を守ってくれる
効果を引き出すタイミング スポーツ選手のパフォーマンスをアップさせる!?
脳神経疾患の治療の道を拓く!? 胃潰瘍の予防効果
反射神経の維持にも役立つ 炎天下での視機能低下を防ぐ
花粉症の原因「ヒスタミン」を減少させ、症状を抑える 活性酸素を抑えて白内障を予防
活性酸素から網膜細胞を保護し、緑内障を予防 メタボリックシンドロームへの効果
植物はアントシアニンで紫外線から身(実)を守る 体内を巡り、吸収されるメカニズム
理想的な組み合わせ ~その1~カシス 理想的な組み合わせ ~その2~ルテイン
理想的な組み合わせ ~その3~ヒアルロン酸 アントシアニンの種類と特長
糖尿病による失明から目を守る可能性