本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > ビルベリー > 理想的な組み合わせ~その3~ヒアルロン酸

作成日 2012年02月27日
更新日 2014年06月07日

理想的な組み合わせ~その3~ヒアルロン酸

ビルベリーに含まれるアントシアニンという成分を摂取することは、目の健康維持のほか、白内障や緑内障をはじめとする、目の疾患の予防に効果的であるという研究結果がこれまでに報告されています。それらの報告によると、ビルベリーに含まれるアントシアニンは、目の網膜にあって「見える」という感覚を生み出すロドプシンというたんぱく質を助ける働きや、紫外線や過剰な光によって目の網膜や水晶体などが受けるダメージを、低減させる働きがあることが分かっています。

ビルベリーに含まれるアントシアニンは、目を酷使したり、休みなく働かせ続けることで衰えるロドプシンの再合成を助けたり、目の中でレンズの働きをする水晶体のたんぱく質が紫外線などによって発生した活性酸素によってダメージを受けることを抑えたりする力を持っています。しかし、年齢を重ねていくと、目の内部では、健康な状態を維持するために必要となる成分の量が不足したり、器官そのものの働きが鈍くなったりすることは避けられません。したがって、アントシアニンを豊富に含むビルベリーを原料としたサプリメントや、ルテイン、ヒアルロン酸を含む食品などで、目の健康維持に必要となる成分を補給していくことが大切になります。

目が物を「見る」ことに関わる成分であるロドプシンのほかにも、年齢とともに減少していく成分があります。その一つがヒアルロン酸です。ヒアルロン酸といえば、化粧品などによく使われている成分で、高い保水力を持っていることが特長です。高い保水力を持つヒアルロン酸は、目の中の硝子体とよばれる部分に多く含まれている成分で、高い保水力の力で目の形を保ったり、目の表面に涙をとどめる働きがあります。しかし、体内のヒアルロン酸は40代後半くらいから減少していきます。その量は、50代にもなると、20代の頃の半分以下になるという研究結果も報告されています。

ヒアルロン酸は、目の硝子体に含まれており、目の弾力性を維持したり、目そのものの形を保つための成分です。目の表面にも存在しており、目を乾きから守るための涙を、目の表面につなぎとめる働きがあります。涙が不足すると、ドライアイの症状につながります。ドライアイが進むと、目に不快感を感じるだけでなく、目の表面に傷が付きやすくなったり、視界がかすんだりすることもあります。

いつもスッキリ、ハッキリした視野を維持するためには、ビルベリーの成分と一緒にヒアルロン酸を摂取することが理想的です。ヒアルロン酸とビルベリーに含まれるアントシアニンなどの成分を同時に摂取することで、目の表面にある角膜や、目の真ん中で形の維持に力を発揮している硝子体の健康を守ったり、目の奥で映像を映し出すスクリーンとして働く網膜の働きもサポートしてくれるので、目全体の健康を守ることにつながるのです。

<< 理想的な組み合わせ ~その2~ルテイン に戻る アントシアニンの種類と特長 に進む >>

ビルベリーに関するその他の情報

ビルベリー 光による障害から目を守ってくれる
効果を引き出すタイミング スポーツ選手のパフォーマンスをアップさせる!?
脳神経疾患の治療の道を拓く!? 胃潰瘍の予防効果
反射神経の維持にも役立つ 炎天下での視機能低下を防ぐ
花粉症の原因「ヒスタミン」を減少させ、症状を抑える 活性酸素を抑えて白内障を予防
活性酸素から網膜細胞を保護し、緑内障を予防 メタボリックシンドロームへの効果
植物はアントシアニンで紫外線から身(実)を守る 体内を巡り、吸収されるメカニズム
理想的な組み合わせ ~その1~カシス 理想的な組み合わせ ~その2~ルテイン
理想的な組み合わせ ~その3~ヒアルロン酸 アントシアニンの種類と特長
糖尿病による失明から目を守る可能性