本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > ビルベリー > 胃潰瘍の予防効果 - ビルベリー

作成日 2012年01月17日
更新日 2014年06月07日

ビルベリー

胃潰瘍の予防効果

ビルベリーには、目の健康を助ける成分である、アントシアニンが豊富に含まれていることが広く知られており、ビルベリーの成分を含んだサプリメントは市場に数多く出回っています。ビルベリーは、視機能の低下や眼精疲労を予防したり、その他の目の疾患を予防するのに役立つことや、抗酸化作用を持っていることで注目を集めていますが、その他の健康に役立つ効果についても研究が進んでいます。

ビルベリーの持つ健康に役立つ効果として、「胃潰瘍の予防効果」が2011年に発表されました。胃潰瘍は、胃の粘膜が傷ついて腫れたり、粘膜や組織の一部がなくなったりする病気で、その原因はストレスや暴飲暴食、ピロリ菌の仕業などと言われています。胃潰瘍と同じような病気に十二指腸潰瘍があり、これらの患者は全国で50万人を超えるそうです。また、胃潰瘍による胃痛や胸焼けといった症状に悩む人も多く、症状が慢性化している人が約9%もいるともいわれています。

目の働きを良くしてくれる成分を持つことで知られるビルベリーが、胃潰瘍の予防にも効果的というのは、何だか意外な感じもしますが、その研究結果は学術論文Phytotherapy Researchにも掲載されたもので、ビルベリーが持つ胃潰瘍の予防効果に期待が集まっています。それでは、どのような研究によって「胃潰瘍の予防効果」が確認されたのかを見ていきましょう。

研究では、胃潰瘍を起こしてしまったマウスにビルベリーを摂取させると、どのような効果が見られるかを確認しました。その研究では、胃潰瘍になると起こる胃の粘膜の腫れが、ビルベリーを摂取した後には小さくなっていることが確認できました。研究を重ねた結果、ビルベリーを摂取したマウスはいずれも、胃潰瘍になっている部分の面積が増加せず、また、胃潰瘍の原因物質とされる、胃粘膜の脂質過酸化が抑制されるという結果となりました。もともと発症していた胃潰瘍の面積は、ビルベリーを摂取した後で約60%も減少し、胃の脂質過酸化も約75%抑制されるというデータを得ることができたのです。

今回の研究によって、ビルベリーが胃の粘膜を保護したり、胃潰瘍の原因物質が増加することを抑えたりすることが分かりました。これはつまり、ビルベリーには胃潰瘍の予防効果があるということを示したことになります。目の健康に役立つだけでなく、毎日の健康の基礎となる胃腸を守ることにも貢献するビルベリー。今後、ますますその人気が高まっていきそうですね。

【参考文献】:
The Protective Effect and Action Mechanism of Vaccinium myrtillus L. on Gastric Ulcer in Mice.
Kenjirou Ogawa, Atsushi Oyagi, Junji Tanaka, Saori Kobayashi, Hideaki Hara,
Phytotherapy Research, 2011, Article first published online: 3 FEB.
【参考ページ】:
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/ptr.3413/abstract

<< 脳神経疾患の治療の道を拓く!? に戻る 反射神経の維持にも役立つ に進む >>

ビルベリーに関するその他の情報

ビルベリー 光による障害から目を守ってくれる
効果を引き出すタイミング スポーツ選手のパフォーマンスをアップさせる!?
脳神経疾患の治療の道を拓く!? 胃潰瘍の予防効果
反射神経の維持にも役立つ 炎天下での視機能低下を防ぐ
花粉症の原因「ヒスタミン」を減少させ、症状を抑える 活性酸素を抑えて白内障を予防
活性酸素から網膜細胞を保護し、緑内障を予防 メタボリックシンドロームへの効果
植物はアントシアニンで紫外線から身(実)を守る 体内を巡り、吸収されるメカニズム
理想的な組み合わせ ~その1~カシス 理想的な組み合わせ ~その2~ルテイン
理想的な組み合わせ ~その3~ヒアルロン酸 アントシアニンの種類と特長
糖尿病による失明から目を守る可能性