本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > ビルベリー > メタボリックシンドロームへの効果

作成日 2012年02月27日
更新日 2014年06月07日

メタボリックシンドロームへの効果

ビルベリーに含まれるアントシアニンなどの成分は、目の健康維持に役立つ成分として研究が進められています。とくに、長時間パソコンで作業をする人や、読書が好きな人、自動車の運転をする人など、目を使うことが多い人は、ビルベリーが含まれる健康食品などを積極的に摂取して、日頃から目の健康に気を配るという話をよく聞きます。最近の研究結果によると、スポーツ選手の競技能力には、視機能が大きく関係していることが分かっており、スポーツ選手の間にも、目の健康維持に注目が集まっているようです。

このように、ビルベリーに含まれるアントシアニンなどの成分は、目の健康維持を重視する人たちから大いに評価されていますが、ビルベリーのエキスを摂取することは、目の健康を維持するだけでなく、その他の健康効果にもつながることが分かりました。最近の研究では、メタボリックシンドロームの可能性を抑制するということが発表されました。

メタボリックシンドロームとは、「内臓脂肪症候群」と呼ばれるもので、内臓に脂肪が溜まった内臓脂肪型肥満に加えて、高血圧・高血糖・高脂血症のうちの2つ以上の症状が合併した状態のことをいいます。メタボリックシンドロームが進行すると、糖尿病や心筋梗塞、脳卒中などの重大な生活習慣病に結びつくことになるため、食生活の改善や適度な運動を習慣づけて、予防・改善をしていく必要があります。

ビルベリーがメタボリックシンドロームに対して、どのような効果を持つか調べるため、ビルベリーのエキスが入ったエサを食べ続けたマウスと、ビルベリーのエキスが入っていないエサを食べ続けたマウスのそれぞれで、脂肪に関係する数値について比較を行いました。すると、ビルベリーのエキスが入ったエサを食べ続けたマウスは、ビルベリーのエキスが入っていないエサを食べ続けたマウスに比べて、脂肪の合成が抑えられ、内臓脂肪の量も少ないことが分かりました。

さらに、それぞれのマウスの血液を調べてみたところ、ビルベリーのエキスが入ったエサを食べ続けたマウスは、ビルベリーのエキスが入っていないエサを食べ続けたマウスに比べて、血液中に含まれる脂肪の量が少なく、血糖値も低いことが分かりました。血液の健康が保たれ、ドロドロ血を予防したといえます。これらの研究の結果から、ビルベリーのエキスは、メタボリックシンドロームになる可能性を下げる効果があることが示されました。ビルベリーのエキスが持つ成分が、メタボリックシンドロームや生活習慣病などの予防に活かされる日が来るのも、そう遠くないかもしれません。

<< 活性酸素から網膜細胞を保護し、緑内障を予防 に戻る 植物はアントシアニンで紫外線から身(実)を守る に進む >>

ビルベリーに関するその他の情報

ビルベリー 光による障害から目を守ってくれる
効果を引き出すタイミング スポーツ選手のパフォーマンスをアップさせる!?
脳神経疾患の治療の道を拓く!? 胃潰瘍の予防効果
反射神経の維持にも役立つ 炎天下での視機能低下を防ぐ
花粉症の原因「ヒスタミン」を減少させ、症状を抑える 活性酸素を抑えて白内障を予防
活性酸素から網膜細胞を保護し、緑内障を予防 メタボリックシンドロームへの効果
植物はアントシアニンで紫外線から身(実)を守る 体内を巡り、吸収されるメカニズム
理想的な組み合わせ ~その1~カシス 理想的な組み合わせ ~その2~ルテイン
理想的な組み合わせ ~その3~ヒアルロン酸 アントシアニンの種類と特長
糖尿病による失明から目を守る可能性