本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > ビルベリー > 脳神経疾患の治療の道を拓く!? - ビルベリー

作成日 2012年01月17日
更新日 2014年06月07日

ビルベリー

脳神経疾患の治療の道を拓く!?

ビルベリーには目の健康に役立つ、アントシアニンをはじめとする健康成分が含まれており、それらの成分が凝縮されたビルベリーのエキスを摂取することで、視機能低下や眼精疲労から目を守るために役立つといった話を、1度は耳にされたことがあるかと思います。目の健康維持に役立つビルベリーには、そのほかにもさまざまな健康効果が備わっている可能性があり、ビルベリーの成分とその機能性を探る研究に注目が集まっています。

2010年12月に兵庫県で開催された「第83回日本生化学大会」では、ビルベリーが「脳神経の保護に役立つ」という研究結果が発表されました。ビルベリーを摂取することで、脳神経を保護することができれば、認知症やアルツハイマー病、パーキンソン病といった、重い脳神経疾患の予防や治療につなげることができるようになり、多くの人たちが安心して年齢を重ねていけることが期待できます。それでは、ビルベリーの成分がなぜ脳神経の保護に役立つといえるのかを、研究結果などをもとに見ていきましょう。

認知症やアルツハイマー病などに代表される脳神経疾患は、特定のタンパク質が変性して寄り集まってできた「アミロイド線維」という物質が蓄積することで発症するといわれています。このように、脳神経疾患のメカニズムは解明されつつあるものの、一方で、治療や予防につながる研究はなかなか進んでいないのが現状です。

そんな中で、注目を集めたのがビルベリーです。ビルベリーのエキスに備わっている高い抗酸化力などの機能性について、脳神経疾患の治療や予防に役立つ可能性を探る研究が行われました。研究の内容は、試験管の中で神経細胞にビルベリーのエキスを加えると、脳神経疾患の原因とされる「アミロイド線維」の形成が抑制されるかどうかを調べるというものでした。

実際に研究を行ってみたところ、ビルベリーのエキスを加えていない脳神経細胞には、アミロイド線維が形成されていました。一方のビルベリーのエキスを加えた脳神経細胞には、アミロイド線維が形成されませんでした。また、ビルベリーのエキスによって、すでにできているアミロイド線維が分解されていることも確認できました。これらの研究結果から、ビルベリーは脳神経疾患の予防と治療に役立つ可能性を持っていることが確認できたのです。これがきっかけとなり、ビルベリーによる脳神経疾患の治療や予防の研究に、ますます弾みがつくことになるでしょう。

<< スポーツ選手のパフォーマンスをアップさせる!? に戻る 胃潰瘍の予防効果 に進む >>

ビルベリーに関するその他の情報

ビルベリー 光による障害から目を守ってくれる
効果を引き出すタイミング スポーツ選手のパフォーマンスをアップさせる!?
脳神経疾患の治療の道を拓く!? 胃潰瘍の予防効果
反射神経の維持にも役立つ 炎天下での視機能低下を防ぐ
花粉症の原因「ヒスタミン」を減少させ、症状を抑える 活性酸素を抑えて白内障を予防
活性酸素から網膜細胞を保護し、緑内障を予防 メタボリックシンドロームへの効果
植物はアントシアニンで紫外線から身(実)を守る 体内を巡り、吸収されるメカニズム
理想的な組み合わせ ~その1~カシス 理想的な組み合わせ ~その2~ルテイン
理想的な組み合わせ ~その3~ヒアルロン酸 アントシアニンの種類と特長
糖尿病による失明から目を守る可能性