本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > ビルベリー > 光による障害から目を守ってくれる - ビルベリー

作成日 2012年01月17日
更新日 2014年06月07日

ビルベリー

光による障害から目を守ってくれる

ビルベリーに含まれるアントシアニンなどの成分には、視力の低下を防いだり、眼精疲労を軽減したりする働きがあるということが知られています。また、ビルベリーのエキスに含まれるアントシアニンは、白内障や緑内障といった目の疾患の予防にも役立つという報告があります。ビルベリーが目の健康に役立つという研究結果が続々と発表されるなかで、また一つ、ビルベリーが持つ目の健康に嬉しい効果が確認されました。ビルベリーのエキスには、光や紫外線が原因となる目の障害を軽減する働きがあるというものです。

私たちは普段からさまざまな光を浴び、知らず知らずのうちに目を酷使しています。パソコンやテレビ、携帯電話などの画面を長時間にわたって眺めたり、夜遅くまで蛍光灯などの光を浴びたりしていますが、これは目にとっては過剰な光を浴びていることになります。目が過剰な光を浴びることによって、目の網膜はダメージを受け、網膜色素変性症や黄斑変性症といった目の疾患を引き起こす恐れがあるのです。

このため、ビルベリーのエキスが、過剰な光によって起こる網膜へのダメージを抑えることを確認するため、研究が行われました。その方法は、長時間(24時間)にわたって網膜細胞に蛍光灯の光を当てて、網膜細胞にダメージを与えるというものです。ビルベリーのエキスを加えた網膜細胞と、そうでない細胞を比較して、どの程度ダメージに差が出るのかを調べました。その結果、ビルベリーのエキスを加えた網膜細胞は、そうでない網膜細胞に比べて細胞の減少が抑えられていることが分かりました。

健康な網膜細胞の生存率を100%とすると、ビルベリーのエキスを加えた網膜細胞は、実験後も80%が生き残っていましたが、ビルベリーのエキスを加えなかった網膜細胞は40%しか生き残ることができませんでした。次に、光を当てることで網膜に発生した活性酸素の量を調べました。その結果、健康な網膜細胞の活性酸素発生量と比べると、ビルベリーのエキスを加えずに網膜細胞に強い光を当てた場合、活性酸素の発生量が約2.5倍になりましたが、ここにビルベリーのエキスを加えることで、活性酸素の発生量が抑えられ、ビルベリーのエキスによって網膜が酸化ストレスから守られていると考えられます。

この実験によって、ビルベリーのエキスには、私たちが日常生活で浴びている過剰な光によって引き起こされる網膜への悪影響を防ぐ効果があることが明らかになりました。さらに、ビルベリーのエキスの働きが、白内障や緑内障、網膜色素変性症、黄斑変性症といった、網膜がダメージを受けることによって起きる目の疾患の発症リスクの軽減に繋がるという可能性も示唆されました。

<< ビルベリー に戻る 効果を引き出すタイミング に進む >>

ビルベリーに関するその他の情報

ビルベリー 光による障害から目を守ってくれる
効果を引き出すタイミング スポーツ選手のパフォーマンスをアップさせる!?
脳神経疾患の治療の道を拓く!? 胃潰瘍の予防効果
反射神経の維持にも役立つ 炎天下での視機能低下を防ぐ
花粉症の原因「ヒスタミン」を減少させ、症状を抑える 活性酸素を抑えて白内障を予防
活性酸素から網膜細胞を保護し、緑内障を予防 メタボリックシンドロームへの効果
植物はアントシアニンで紫外線から身(実)を守る 体内を巡り、吸収されるメカニズム
理想的な組み合わせ ~その1~カシス 理想的な組み合わせ ~その2~ルテイン
理想的な組み合わせ ~その3~ヒアルロン酸 アントシアニンの種類と特長
糖尿病による失明から目を守る可能性