本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > ブルーベリー > 豊富な栄養素 ~ビタミンC~ - ブルーベリー

作成日 2012年05月18日
更新日 2014年06月07日

ブルーベリー

豊富な栄養素 ~ビタミンC~

ブルーベリーの実や皮に含まれるアントシアニンは、目の健康維持に役立つ成分の一つであり、日常生活の中でパソコンや携帯電話、テレビなどの画面を見る機会が増え、目に負担がかかる場面がより多くなった現代人にとって、いまや欠かせない成分となっています。

ブルーベリーに含まれるアントシアニンは、紫外線や強い光を浴びることなどによって目の中で発生する、活性酸素による影響を抑える強い抗酸化作用を持っています。目の中で発生した活性酸素は、視機能を低下させたり、白内障や緑内障といった、最悪の場合は失明に至るほどの重い目の疾患を引き起こす原因の一つに数えられています。ブルーベリーには、アントシアニンのほかにも、活性酸素の働きを抑える抗酸化作用を持つ栄養素がいくつか含まれています。その一つがビタミンCです。

ブルーベリーにも含まれるビタミンCとは、数ある栄養素の中でも、特に身近な栄養素として多くの人々に親しまれている成分です。ビタミンCの抗酸化作用については、様々な研究が進められています。ビタミンCを1日260mg以上摂ることで、白内障を予防するという研究データもあります。悪玉コレステロールの酸化を抑え、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞といった生活習慣病の予防にも有効であると言われています。また、ビタミンEと一緒に働くことで相乗効果があるとされています。

ブルーベリーにも含まれるビタミンCは、抗酸化作用を持っているだけでなく、健康を維持するために役立つほかの働きも期待されています。免疫力を高めて風邪などの感染症にかかりにくくするといった働きです。ビタミンCは、免疫力の維持に貢献する白血球がきちんと役割を果たせるようにサポートしています。

また、コラーゲンの生成にも大きく関わっています。コラーゲンは、肌の健康を維持するために欠かせない成分である一方で、血管や骨を強くする働きもあるとされ、骨粗鬆症の予防のために必要な栄養素とも言われています。これは、ビタミンCが、肌や血管、骨の健康に欠かせないコラーゲンの産生に関わっているためです。さらにビタミンCは、シミやソバカスの原因と言われる、メラニン色素の生成を抑える働きを持っています。ブルーベリーを摂ることは目の健康を維持するために役立つだけでなく、いつまでも健康で、美しくありたいという、多くの人々の願いをかなえるためにも役立つのです。

最近では、「ビタミンCは老化を抑える」といった研究がなされています。ブルーベリーには瞳の健康にも、美しさの維持にも嬉しい果物なのです。

<< 豊富な栄養素 ~ビタミンA~ に戻る 豊富な栄養素 ~ビタミンE~ >>

ブルーベリーに関するその他の情報

ブルーベリー 活性酸素を抑える
健康・美容にも役立つ 豊富な栄養素 ~ビタミンA~
豊富な栄養素 ~ビタミンC~ 豊富な栄養素 ~ビタミンE~
豊富な栄養素 ~βカロテン~ 抗酸化物質ポリフェノール
世界中で報告される研究結果 まるごと食べられて、低カロリー