本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > ビフィズス菌 > ビフィズス菌 研究情報

作成日 2012年09月12日
更新日 2014年06月07日

ビフィズス菌

bifidobacteria
Bifidobacterium breve;Bifidobacterium longum

ビフィズス菌とは、人間の腸内にすみつくことができる代表的な善玉菌で、腸内の環境を整える効果があることで知られています。また、免疫力を高めたり、ビタミンB群やビタミンKを合成して、貧血を予防したり、肌荒れを防止するのにも役立ちます。

ビフィズス菌の研究情報

【4】ビフィドバクテリウム‐ビフィダムBF-1株は、ヘリコバクター・ピロリ誘発遺伝子の発現を抑制し、NF-κBシグナル伝達経路に関連すると認められました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20854986

【5】プロバイオティック(ビフィダス菌、ビフィズス菌、アシドフィルス菌)の補給が乳児の湿疹の発生を予防するかどうかが調査されています。妊娠中および生後に乳酸菌を補給しておくことは、乳児の湿疹の発生を防止するのに効果的なアプローチであると示唆されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19840300

【6】ピロリ菌に感染している成人において、ピロリ菌除去の標準の治療法 (14日間) にプロバイオティクスヨーグルト125 mL/日の摂取を加えたところ、口内炎や便秘などの治療時の副作用の症状が軽減したという報告があります。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20931422

このページのトップへ