本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > ナイアシン > ナイアシン 参考文献

作成日 2012年09月12日
更新日 2014年05月16日

ナイアシン

ニコチン酸、ニコチンアミド
niacin,nicotinic acid,nicotinamid

ナイアシンはビタミンB群のひとつです。
糖質や脂質を燃やしてエネルギーを作り出すときや、二日酔いの原因となるアルコールを分解するときに働く「酵素」を助ける「補酵素」としての役割を担っています。
皮膚や粘膜の健康維持を助けるほか、脳神経を正常に働かせる効果があります。

参考文献

・Tsalamandris C, Panagiotopoulos S, Sinha A, Cooper ME, Jerums G. 1994 “Complementary effects of pravastatin and nicotinic acid in the treatment of combined hyperlipidaemia in diabetic and non-diabetic patients.” J Cardiovasc Risk. 1994 Oct;1(3):231-9.

・Brown BG, Zhao XQ, Chait A, Fisher LD, Cheung MC, Morse JS, Dowdy AA, Marino EK, Bolson EL, Alaupovic P, Frohlich J, Albers JJ. 2001 “Simvastatin and niacin, antioxidant vitamins, or the combination for the prevention of coronary disease.” N Engl J Med. 2001 Nov 29;345(22):1583-92.

・Morris MC, Evans DA, Bienias JL, Scherr PA, Tangney CC, Hebert LE, Bennett DA, Wilson RS, Aggarwal N. 2004 “Dietary niacin and the risk of incident Alzheimer's disease and of cognitive decline.” J Neurol Neurosurg Psychiatry. 2004 Aug;75(8):1093-9.

・Cumming RG, Mitchell P, Smith W. 2000 “Diet and cataract: the Blue Mountains Eye Study.” Ophthalmology. 2000 Mar;107(3):450-6.

・Jonas WB, Rapoza CP, Blair WF. 1996 “The effect of niacinamide on osteoarthritis: a pilot study.” Inflamm Res. 1996 Jul;45(7):330-4.

・Crouse JR 3rd. 1996 “New developments in the use of niacin for treatment of hyperlipidemia: new considerations in the use of an old drug.” Coron Artery Dis. 1996 Apr;7(4):321-6.

・Arwert LI, Deijen JB, Drent ML. 2003 “Effects of an oral mixture containing glycine, glutamine and niacin on memory, GH and IGF-I secretion in middle-aged and elderly subjects.” Nutr Neurosci. 2003 Oct;6(5):269-75.

・中村丁次監修 最新版 からだに効く栄養成分バイブル 主婦と生活社


・原山建朗 最新・最強のサプリメント大事典 昭文社

・日本サプリメント協会 (NPO) サプリメント健康バイブル 小学館

・清水俊雄 機能性食品素材便覧 特定保健用食品からサプリメント・健康食品まで 薬事日報社

・奥恒行 基礎栄養学 改訂第2版 南江堂 

このページのトップへ