本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > アスパラギン > アスパラギン酸 参考文献

作成日 2012年09月12日
更新日 2012年09月14日

アスパラギン

asparagine
L-アスパラギン

アスパラギンはアスパラガスから発見されたアミノ酸の一種です。有害なアンモニアを体外へ排出し、中枢神経系を保護する働きがあります。また、神経伝達物質の材料になったり、筋肉や内臓のもととなるたんぱく質の合成にも使われます。さらに、アスパラギンはクエン酸回路に働きかけエネルギー代謝を促進するため、運動時の持久力を向上させる効果もあります。

参考文献

・中村丁次監修 最新版からだに効く栄養成分バイブル 主婦と生活社

・工藤秀機監修 栄養を知る事典 日本文芸社

・Lancha AH Jr, Poortmans JR, Pereira LO. 2009 “The effect of 5 days of aspartate and asparagine supplementation on glucose transport activity in rat muscle.” Cell Biochem Funct. 2009 Dec;27(8):552-7.

・Marquezi ML, Roschel HA, dos Santa Costa A, Sawada LA, Lancha AH Jr. 2003 “Effect of aspartate and asparagine supplementation on fatigue determinants in intense exercise.” Int J Sport Nutr Exerc Metab. 2003 Mar;13(1):65-75.

・Yokohira M, Hosokawa K, Yamakawa K, Hashimoto N, Suzuki S, Matsuda Y, Saoo K, Kuno T, Imaida K. 2008 “A 90-day toxicity study of L-asparagine, a food additive, in F344 rats.” Food Chem Toxicol. 2008 Jul;46(7):2568-72.

・Lancha AH Jr, Recco MB, Abdalla DS, Curi R. 1995 “Effect of aspartate, asparagine, and carnitine supplementation in the diet on metabolism of skeletal muscle during a moderate exercise.” Physiol Behav. 1995 Feb;57(2):367-71.

このページのトップへ