本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > カキエキス > カキエキス 研究情報

作成日 2012年09月12日
更新日 2014年05月08日

カキエキス

oyster extract

カキエキスとは、カキから抽出したエキスのことで、ビタミン・ミネラルを豊富に含みます。「海のミルク」と呼ばれるほど、滋養強壮に効果があります。また、それ以外にも視機能を高めたり、肝機能を高めたりと様々な効果が期待できます。

カキエキスの研究情報

【4】うっ血性心不全患者14名において、タウリンを4週間摂取させると、心臓の機能のひとつである左心室機能が改善されました。これらの結果より、牡蠣エキス成分タウリンには心臓保護作用があることが示唆されました
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/3888464

【5】健常者80名に対し、7週間、n-3脂肪酸豊富な魚(1.1gEPA+DHA:36g/日)【n3群】もしくはn-3脂肪酸豊富な魚+タウリン(425mg/日)【n3+タウリン群】を摂取させました。n-3群と比較してn-3+タウリン群は、有意にLDLコレステロールが減少し、またHDLコレステロールは上昇していました。また、トリアシルグリセロール、トロンボキサンB、TNFαは両群でコントロール群よりも有意に抑制していました。このことから、n-3脂肪酸、特にn-3脂肪酸+タウリンの摂取は、コレステロール、炎症を抑制する働きがあることがわかりました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18242615

【6】タウリン食品が慢性肝炎の患者の肝機能に及ぼす作用を検討しました。肝機能などの指標となるALT及びASTが通常の2-5倍ある慢性肝炎の患者24名に、2gタウリン×3回/日を3ヵ月投与し、次の1ヵ月を投与休止しました(投与群)。コントロールとして4ヶ月間プラセボを投与しました(コントロール群)。タウリングループではALTおよびAST活性および血液の血漿のコレステロール、トリグリセリドおよびチオバルビツール酸比較物質のレベルは減少しました。タウリンが慢性肝炎の患者の肝損傷を改善する可能性が考えられました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17690950

【7】高血圧ラットにおいて、タウリンの血圧低下作用が確認されており、ヒトにおいても、タウリンを1日あたり6g 、7日間摂取させると、血圧低下作用が示され、そのはたらきは血圧を司る神経、自律神経にはたらきかけるものと考えられました。この結果より、タウリンに血圧低下作用が示唆されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12436205

【8】ハムスターに高脂肪・高コレステロール飼料を与え続け、非アルコール性脂肪肝を引き起こさせました。飼料の摂取時、タウリンの入っていない水(コントロール)または0.35-0.7%のタウリンを含んでいる水を飲用させました。タウリンを摂取したハムスターでは血清の脂質の上昇を改善しました。また、肝臓のサイズはコントロールと比べ小さく、糞便中のコレステロール、トリアシルグリセロール、胆汁酸は増加していました。さらにタウリンは肝臓の抗酸化能力(GSH、SOD、カタラーゼ)などを高めました。このことから、脂肪肝の予防にタウリンの摂取が有効であることがわかりました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21126079

【9】慢性的なアルコール摂取ラットにタウリンを摂取させました。その結果、タウリン摂取群は脂肪肝をほぼ正常にもどし、タウリンがアルコール性の脂質過酸化を抑制しました。このことから、タウリンによる脂肪肝の抑制は、胆汁の過剰分泌が脂質の除去を促したためと考えられました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18816057

【10】脂肪肝を伴った10名の子供にタウリンを摂取させました。その結果、タウリンの摂取によって、血清ALT濃度および体重を低下させました。このことから、タウリンの摂取は脂肪肝に対する補助療法として有効であることが考えられました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8915401

【11】ウズラに対する60日間のタウリン(飲料水の1%)投与は、非HDL‐コレステロールを4,549mg/dlから2,350mg/dlまで減少させ、血清中のトリグリセリドを703 mg/dlから392mg/dlまで減らしました。さらにタウリン摂取群は、オイルレッド‐O染色陽性範囲を74%減少させました。このことから、タウリンによるアテローム性動脈硬化の予防は、主として血清コレステロールおよび中性脂肪値の改善であることが考えられました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19229588

このページのトップへ