本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > BCAA(ビーシーエーエー) > BCAA(ビーシーエーエー)研究情報・参考文献

作成日 2012年09月09日
更新日 2014年05月05日

BCAA(ビーシーエーエー)

Branched-chain amino acids

BCAAは運動時のスタミナ維持や筋肉量の維持に効果がある上、筋肉痛や疲労感の緩和にも働きかける、特に運動をする人にとって欠かせない成分です。
体内で生成することのできないアミノ酸で、スポーツサプリメントなどにも配合されている注目の成分です。

BCAA(ビーシーエーエー)の研究情報

【4】筋肉トレーニングにより炎症が生じた際に、BCAAが骨格筋におけるタンパク質合成とタンパク質分解を保護します。そのためBCAAは筋肉トレーニングに役立ちます。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22536489

【5】糖尿病患者に肝硬変(LC)や肝細胞癌(HCC)の予防としてBCAAを投与した場合、夜に摂取した方が有意に肝機能を改善できました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22520843

【6】BCAAは、運動による筋肉痛を軽減することに役立つ可能性が示唆されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22168756

【7】BCAAを摂取することで、運動中と休息中の筋肉タンパク質合成を高めることが確認できました。
特に激しい運動による筋肉修復の際には、BCAAを摂取することが役に立つと考えられます。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22127230

【8】サッカー競技において、試合競技が度重なると、反射神経が悪くなります。
そこで、BCAAを摂取することで、反射神経は10% 程良くなるため、スポーツ競技時のBCAAが推奨されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20225652

【9】 BCAAを強化した食事は、肝臓移植時の早期の栄養状態を改善し、肝臓移植後の予後の回復に役立つと考えられています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21947604

【10】 BCAAを摂取することで、肝硬変患者の肝細胞がんの発生率を防ぐことができました。特に小児肝硬変患者に対する働きは大きく、肝臓の健康をサポートすることがわかりました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21829025

【11】食事からのBCAAの補給は心臓や骨格筋でのミトコンドリアのエネルギー産生をサポートします。特にカロリー制限が健康寿命の増大に役立つことが知られるようになった現在、食事からのBCAA補給が高齢者の健康寿命の延長に重要な役割を果たすと考えられています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21566257

【12】肝臓病患者ではBCAAの合成能が低下することが知られており、BCAA補給が治療課題となっています。臨床試験によって、BCAA補給により、アルブミン合成やインスリン抵抗性に対するBCAAの有効性が確認され、肝硬変や肝臓がん患者のQOLの向上に、BCAAが高く評価されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21566257

このページのトップへ

参考文献

・Lei J, Feng D, Zhang Y, Zhao FQ, Wu Z, Gabriel AS, Fujishima Y, Wu H. 2012 “Nutritional and regulatory role of branched-chain amino acids in lactation.” Front Biosci. 2012 Jun 1;17:2725-39.

・Howatson G, Hoad M, Goodall S, Tallent J, Bell PG, French DN. 2012 “Exercise-induced muscle damage is reduced in resistance-trained males by branched chain amino acids: a randomized, double-blind, placebo controlled study.” J Int Soc Sports Nutr. 2012 May 8;9(1):20.

・Newgard CB. 2012 “Interplay between lipids and branched-chain amino acids in development of insulin resistance.” Cell Metab. 2012 May 2;15(5):606-14.

・Nicastro H, da Luz CR, Chaves DF, Bechara LR, Voltarelli VA, Rogero MM, Lancha AH Jr. 2012 “Does Branched-Chain Amino Acids Supplementation Modulate Skeletal Muscle Remodeling through Inflammation Modulation? Possible Mechanisms of Action.” J Nutr Metab. 2012;2012:136937. Epub 2012 Feb 14.

・Takeshita Y, 2012 “Beneficial effect of branched-chain amino acid supplementation on glycemic control in chronic hepatitis C patients with insulin resistance: Implications for type 2 diabetes.” Metabolism. 2012 Apr 19.

・da Luz CR, Nicastro H, Zanchi NE, Chaves DF, Lancha AH Jr. 2011 “Potential therapeutic effects of branched-chain amino acids supplementation on resistance exercise-based muscle damage in humans.”J Int Soc Sports Nutr. 2011 Dec 14;8:23.

・Borgenvik M, Apró W, Blomstrand E. 2012 “Intake of branched-chain amino acids influences the levels of MAFbx mRNA and MuRF-1 total protein in resting and exercising human muscle.” Am J Physiol Endocrinol Metab. 2012 Mar;302(5):E510-21

・Wiśnik P, Chmura J, Ziemba AW, Mikulski T, Nazar K. 2011 “The effect of branched chain amino acids on psychomotor performance during treadmill exercise of changing intensity simulating a soccer game.” Appl Physiol Nutr Metab. 2011 Dec;36(6):856-62. Epub 2011 Nov 3.

・Yoshida R, Yagi T, Sadamori H, Matsuda H, Shinoura S, Umeda Y, Sato D, Utsumi M, Nagasaka T, Okazaki N, Date A, Noguchi A, Tanaka A, Hasegawa Y, Sakamoto Y, Fujiwara T. 2011 “Branched-chain amino acid-enriched nutrients improve nutritional and metabolic abnormalities in the early post-transplant period after living donor liver transplantation.” J Hepatobiliary Pancreat Sci. 2011 Sep 23.

・Hayaishi S, Chung H, 2011 “Oral branched-chain amino acid granules reduce the incidence of hepatocellular carcinoma and improve event-free survival in patients with liver cirrhosis.” Dig Dis. 2011;29(3):326-32. Epub 2011 Aug 9.

・Nelson AR 2012 ” A protein-leucine supplement increases branched-chain amino acid and nitrogen turnover but not performance.” Med Sci Sports Exerc. 2012 Jan;44(1):57-68.

・Valerio A, D'Antona G, Nisoli E. 2011 “Branched-chain amino acids, mitochondrial biogenesis, and healthspan: an evolutionary perspective.” Aging (Albany NY). 2011 May;3(5):464-78.

・Kawaguchi T, Izumi N, Charlton MR, Sata M. 2011 “Branched-chain amino acids as pharmacological nutrients in chronic liver disease.” Hepatology. 2011 Sep 2;54(3):1063-70.


・「医療従事者のための【完全版】機能性食品ガイド」(2004、編集吉川敏一/講談社)

・「新しい栄養学と食のきほん辞典」(2011、監修井上正子/西東社)

・「最新・最強のサプリメント大辞典」(2007、編集嶋尾通/昭文社)

・「図解入門よくわかる栄養学の基本と仕組み」(2009、著者中屋豊/秀和システム)

・「基礎から学ぶ!スポーツ栄養学」(2008、著者鈴木志保子/ベースボールマガジン社)

・「ハイクオリティ認証取得製品一覧」(2011編集・発行一般社団法人日本健康食品・サプリメント情報
  センター)

・【グリコ研究科学研究所HP】(http://www.glico.co.jp/laboratory/health_science/sports/sports41.htm

このページのトップへ