本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > グルタミン > グルタミン 研究情報

作成日 2012年09月12日
更新日 2014年05月13日

グルタミン

glutamine

グルタミンは非必須アミノ酸の一種で、体に最も多く含まれるアミノ酸です。人間の骨格筋の遊離アミノ酸の約6割を占めます。筋肉を強化したり、筋肉疲労を回復する効果があります。また、胃腸の働きをサポートし、医薬品としても活用されています。近年の研究により、アルコール代謝を促進する効果があることもわかっています。

グルタミンの研究情報

【4】低体重乳児は肝損傷のリスクが高いことが知られています。注射によるグルタミンの投与によって肝臓の負荷が軽減できるかを調べました。グルタミンの注射投与によって、低体重児でも肝臓の耐性を改善でき、結果として肝保護効果が示唆されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20416995

【5】健康な神経細胞で、グルタミンの細胞内および細胞外からの補給によって、神経保護作用を発揮されました。この結果、グルタミンの補給はアルツハイマーの治療に対しても有益である可能性が示唆されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22413000

このページのトップへ