本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > タンニン・タンニン酸 > タンニン・タンニン酸 参考文献

作成日 2012年09月13日
更新日 2014年04月19日

タンニン・タンニン酸

Tannin・tannic acid

タンニンとは、植物界に広く存在するポリフェノールの一種です。
収れん作用を持ち、口に入れると強い渋みを感じることが特徴です。肌につけることで、毛穴を引き締める効果を持つため、化粧品などに配合されています。また、抗酸化力を持つことから、動脈硬化を防ぎ、生活習慣病予防にも効果を発揮します。

参考文献

・Matsumoto K, Yokoyama S. 2012 “Induction of uncoupling protein-1 and -3 in brown adipose tissue by kaki-tannin in type 2 diabetic NSY/Hos mice.” AFood Chem Toxicol. 2012 Feb;50(2):184-90.

・Tebib K, Besancon P, Rouanet JM. 1994 “Dietary grape seed tannins affect lipoproteins, lipoprotein lipases and tissue lipids in rats fed hypercholesterolemic diets.” J Nutr. 1994 Dec;124(12):2451-7.

・Touriño S, Lizárraga D, Carreras A, Lorenzo S, Ugartondo V, Mitjans M, Vinardell MP, Juliá L, Cascante M, Torres JL. 2008 “Highly galloylated tannin fractions from witch hazel (Hamamelis virginiana) bark: electron transfer capacity, in vitro antioxidant activity, and effects on skin-related cells.” Chem Res Toxicol. 2008 Mar;21(3):696-704.

このページのトップへ