本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > α(アルファ)リノレン酸 > α(アルファ)リノレン酸 研究情報

作成日 2012年09月09日
更新日 2014年04月30日

α(アルファ)リノレン酸

alpha-linolenic acid

αリノレン酸とは脂質の主な構成成分である脂肪酸のひとつで、人間の体内では合成することのできない必須脂肪酸です。亜麻やエゴマなどの野菜に多く含まれている体に良い油で、体内ではDHAやEPAに変換され、血流改善や動脈硬化予防に効果的な成分です。

α(アルファ)リノレン酸研究情報

【4】マウスにαリノレン酸を摂らせると、血小板活性化因子とトロンビンを阻害され、血小板凝集抑制作用により、動脈血栓予防効果が示唆され、αリノレン酸に抗血栓作用が示唆されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21571683

【5】高脂肪食による肥満ラットを対象に、αリノレン酸豊富なチア種子を5%含む餌を8週間摂取させることにより、心臓や肝臓や内臓脂肪に蓄積された脂肪分の増加が抑制されたことから、αリノレン酸に心血管保護作用や生活習慣病予防効果が示唆されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22520843

【6】αリノレン酸を摂取することで、肺炎になるリスクを31%減少し、リノレン酸では4%減少することが確認できました。αリノレン酸には肺炎予防効果があることが確認されたことから、αリノレン酸に肺炎予防効果が示唆されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22031659

このページのトップへ