本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > マンゴスチン > マンゴスチン 研究情報

作成日 2012年09月13日
更新日 2014年05月02日

マンゴスチン

Mangosteen

マンゴスチンとは、世界三大美果のひとつで、フルーツの女王ともいわれています。
果肉はコレステロールを下げる効果を持ち、果皮にはタンニンやキサントンが含まれており、免疫機能を高める効果に優れています。また、老化の原因のひとつである糖化を抑制する効果も持つとして注目が集まっています。

マンゴスチンの研究情報

【4】ドキソルビシン(Dox)誘発された神経毒性に対する、マンゴスチンのキサントン誘導体の保護的効果について調べました。キサントンはDoxによる腫瘍壊死因子α(TNFα)のレベルが増加することを制御しました。その他、キサントンは、Dox誘発障害の指標を抑制することがわかりました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21074598

【5】マンゴスチンの鎮痛作用についてその成分とメカニズムについて調べました。マンゴスチンエタノール抽出物(CEM)0.5、1、3g/kgを用いて酢酸およびホットプレートによって誘発される痛みを引き起こす試験で調べました。0.5、1および3 g/kgの用量でのマンゴスチン抽出物は、有意に炎症性メディエーターを阻害しました。このことから、CEMは中枢神経の抗痛覚作用を有することがわかりました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20064550

【6】マンゴスチンに含まれるキサントンの抗炎症作用・抗酸化作用について調べました。キサントンはLPS誘発ヒト脂肪細胞炎症に対して抑制する働きがあることがわかりました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20181789

【7】アミロイドβ誘発-神経細胞毒性に対するマンゴスチンの作用について調べました。マンゴスチンは400μg/mlでアミロイドβ誘発-神経細胞毒性を防ぐことがわかりました。またマンゴスチン(400μg/ml)はアミロイドβ誘発カスパーゼ3の活性化を抑制しました。このことから、マンゴスチンは、アルツハイマーの重症化を防ぐ働きがあると考えられました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20232907

このページのトップへ