本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > チロシン > チロシン 研究情報

作成日 2012年09月13日
更新日 2014年04月19日

チロシン

tyrosine

チロシンは神経伝達物質の原料となり、うつ状態を改善する効果がある非必須アミノ酸の一種です。またチロシンは代謝や自律神経の調整を行う甲状腺ホルモンや髪の毛、皮膚の黒色色素であるメラニンの材料となります。

チロシンの研究情報

【4】アセチルチロシンとアスコルビン酸、硫酸亜鉛、ヒアルロン酸ナトリウム、バイオフラボノイドを含む外用製剤を3ヶ月間使用したところ、日光による皮膚のしわ、黄ばみ、きめの粗さなどがプラセボと比較して改善しました。このことから、チロシンといくつかのビタミン、ミネラルの摂取は、紫外線による皮膚の老化の予防に努めることがわかりました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10522500

【5】冷水ストレスにさらしたラットの攻撃性がチロシンの摂取によって正常レベルにもどりました。また、ヒトではストレス条件下の気分や認識作用の改善がみられました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11267632

このページのトップへ