本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > クマザサ > クマザサ 参考文献

作成日 2012年09月13日
更新日 2014年05月10日

クマザサ

Sasa veitchii (Carr.) Rehd.

クマザサは古くから薬草として利用され、様々な薬効が期待されています。特に傷ややけどの民間治療として有名です。他にも、胃腸病、糖尿病、高血圧、ぜんそく、風邪など、古くから万病に効くとして用いられてきました。葉緑素やビタミンを含むため、抗菌作用や免疫力向上の効果があるといわれています。

参考文献


・Iwata K, Naito E, Yamashita K, Kakino K, Taharaguchi S, Kimachi Y, Hara M, Takase K. 2010 “Anti pseudorabies virus activity of kumazasa extract.” Biocontrol Sci. 2010 Dec;15(4):123-8.

・Sakai A, Watanabe K, Koketsu M, Akuzawa K, Yamada R, Li Z, Sadanari H, Matsubara K, Muroyama T. 2008 “Anti-human cytomegalovirus activity of constituents from Sasa albo-marginata (Kumazasa in Japan).” Antivir Chem Chemother. 2008;19(3):125-32.

・Hirose K, Onishi H, Sasatsu M, Takeshita K, Kouzuma K, Isowa K, Machida Y. 2007 “In vivo evaluation of Kumazasa extract and chitosan films containing the extract against deep skin ulcer model in rats.” Biol Pharm Bull. 2007 Dec;30(12):2406-11.

このページのトップへ