本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > ササクレヒトヨタケ > ササクレヒトヨタケ 研究情報

作成日 2012年09月13日
更新日 2014年05月14日

ササクレヒトヨタケ

Coprinus comatus
毛頭鬼傘  コケシタケ

ササクレヒトヨタケは、食用の白くて美しいキノコです。ヨーロッパや北米など世界中の温帯地域に広く分布し、日本でも春から秋にかけて自生します。
生体免疫力を高めるため風邪や病気の予防に有効で、血圧や血糖値を低下させる効果があるともいわれています。

ササクレヒトヨタケの研究情報

【4】酸化ストレスによる細胞生存率の低下が、ササクレヒトヨタケに多く含まれるエルゴチオネイン添加によって有意に回復することがわかりました。エルゴチオネイン欠損細胞株では、過酸化脂質が増加することがわかりました。ゆえに、ササクレヒトヨタケに含まれるエルゴチオネインは脂質過酸化防止に役立つことがわかりました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2885499/

【5】酵母由来βグルカンは、ヒト白血球B細胞に細胞毒性を示さずに、補助刺激分子CD86を活性化することにより、免疫力の賦活化に関係しています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22199280

【6】成人の高コレステロール血症患者におけるLDL低下作用を、米ぬかをとった場合とβグルカンをとった場合で比較した結果、米ぬかよりもβグルカンのほうが、LDL低下作用は高い結果が得られました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21505506

このページのトップへ