本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > L-カルニチン > L-カルニチン研究情報・参考文献

作成日 2012年09月10日
更新日 2014年05月02日

L-カルニチン

L-カルニチンは、エネルギーを作り出し、体内にたまりやすい脂肪の燃焼を助けてくれるアミノ酸の一種です。
主に肉類に含まれている成分で、L-カルニチンが体内に豊富にあると、余分な脂肪が燃焼され、太りにくい体を作ることができます。

L-カルニチンは、アミノ酸の一種です。
体内では、必須アミノ酸のリジンとメチオニンを材料に、肝臓で合成されます。
体内でたんぱく質の形をとらない、遊離アミノ酸のひとつが、L-カルニチンです。

研究情報

【4】肥満者12名に、L-カルニチン1日3g を10日間摂取させたところ、呼気中の食事由来二酸化炭素量が6時間後では1.6倍、12時間後では1.3倍に増加したことから、L-カルニチンに脂質燃焼効果が確認されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15281008

【5】高齢者42名に、L-カルニチンを1日4g、30日間摂取させたところ、総コレステロール、HDL・LDLコレステロール、トリグリセリド値でで改善が認められ、筋肉疲労感及び精神疲労感でも改善が認められ、L-カルニチンの疲労改善効果が認められました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12875611

【6】高脂血症肥満患者22名において、ポリフェノールおよびL-カルニチンを12週間摂取させたところ、血漿の遊離脂肪酸やトリグリセリドの減少が認められました。またヒト白血球細胞のひとつ単核球において、抗酸化酵素関連物質PPARαが活性化されたことから、L-カルニチンに脂肪酸化と血中脂肪酸やトリグリセリドの低下効果が確認されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21540583

【7】14人の健常成人に30分間のサイクリング運動行ってもらい、その間L-カルニチン 2g を24週間にわたり摂取したところ、筋肉中のピルビン酸デヒドロゲナーゼの活性が38%高まり、筋肉中カルニチンは16%上昇し、乳酸の量は44%低下したことから、L-カルニチンが運動疲労を軽減する効果が確認されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21224234

【8】血液透析患者12名の運動時に、L-カルニチン を体重あたり 20mg、8週間摂取させたところ、疲労を感じる時間が22%、運動による乳酸の蓄積が37% 抑制され、また心拍数上昇も抑制されたことから、L-カルニチンは腎臓病患者の運動疲労を軽減する効果が確認されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20216464

【9】健康妊婦26名では妊娠12週より血中カルニチン濃度が減少しますが、妊娠13週よりL-カルニチンを1日500 mg 摂取させたところ、L-カルニチン濃度の減少が抑制されました。また、妊娠中のL-カルニチン濃度の減少には鉄が関わっていることもわかりました。この結果より、妊娠中のL-カルニチンの減少に対して、L-カルニチン摂取の効果が確認されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19491916

このページのトップへ


参考文献

・Costell M, O'Connor JE, Grisolía S. 1989 “Age-dependent decrease of carnitine content in muscle of mice and humans.” Biochem Biophys Res Commun. 1989 Jun 30;161(3):1135-43.

・Kaats, Gilbert R.; Wise, John A.; Blum, Kenneth; Morin, Robert J. 1992 “The short-term therapeutic efficacy of treating obesity with a plan of improved nutrition and moderate caloric restriction.” Current Therapeutic Research, Vol 51(2), Feb 1992, 261-274.

・Lurtz R. Fischer R. 1998 “Carnitine as supporting agent in weight loss in adiposity.” Medical Journal for natural Therapy, 39, 1(1998) pg 12-15.

・Wutzke KD, Lorenz H. 2004 “The effect of l-carnitine on fat oxidation, protein turnover, and body composition in slightly overweight subjects.” Metabolism. 2004 Aug;53(8):1002-6.

・Pistone G, Marino A, Leotta C, Dell'Arte S, Finocchiaro G, Malaguarnera M. 2003 “Levocarnitine administration in elderly subjects with rapid muscle fatigue: effect on body composition, lipid profile and fatigue.” Drugs Aging. 2003;20(10):761-7.

・Radler U, Stangl H, Lechner S, Lienbacher G, Krepp R, Zeller E, Brachinger M, Eller-Berndl D, Fischer A, Anzur C, Schoerg G, Mascher D, Laschan C, Anderwald C, Lohninger A. 2011 “A combination of (ω-3) polyunsaturated fatty acids, polyphenols and L-carnitine reduces the plasma lipid levels and increases the expression of genes involved in fatty acid oxidation in human peripheral blood mononuclear cells and HepG2 cells. ” Ann Nutr Metab. 2011;58(2):133-40.

・Wall BT, Stephens FB, Constantin-Teodosiu D, Marimuthu K, Macdonald IA, Greenhaff PL. 2011 “Chronic oral ingestion of L-carnitine and carbohydrate increases muscle carnitine content and alters muscle fuel metabolism during exercise in humans.” J Physiol. 2011 Feb 15;589(Pt 4):963-73.

・Fatouros IG, Douroudos I, Panagoutsos S, Pasadakis P, Nikolaidis MG, Chatzinikolaou A, Sovatzidis A, Michailidis Y, Jamurtas AZ, Mandalidis D, Taxildaris K, Vargemezis V. 2010 “Effects of L-carnitine on oxidative stress responses in patients with renal disease.” Med Sci Sports Exerc. 2010 Oct;42(10):1809-18.

このページのトップへ