本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > メシマコブ > メシマコブ 研究情報

作成日 2012年09月13日
更新日 2012年09月14日

メシマコブ

Phellinus linteus  
フェリナス・リンテウス

女島(メシマ)で育つコブのようなキノコです。天然のものは大変珍しいとされる薬用キノコの一種で、免疫力を高めてがん細胞の活性を抑える効果が期待されています。

メシマコブの研究情報

【4】Ⅰ型糖尿病マウスにおいて、メシマコブを摂取させたところ、血糖値が低下し、炎症性物質であるIL-2やTNF-αの増加が抑制されました。メシマコブには多糖類であるプロテオグリカンが含まれており、抗炎症作用とともに、自己免疫性糖尿病や自己免疫性疾患の予防に役立つと示唆されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19811769

【5】メシマコブには、プロトカテキ酸やエラグ酸が豊富に含まれており、それらに糖尿病関連酵素であるアルドース還元酵素を阻害するはたらきがあるため、メシマコブには抗糖尿病効果が期待されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18379080

【6】マウスに治療薬とメシマコブを投与したところ、癌細胞に対する増殖抑制効果がありました。過剰投与しても、細胞毒性も見られなかったことから、メシマコブは免疫療法として有益であると考えられています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10102797

このページのトップへ