本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > キャベツ > キャベツ 参考文献

作成日 2012年09月13日
更新日 2014年05月10日

キャベツ

cabbage 
甘藍(かんらん)  玉菜(たまな)
Brassica oleracea 

キャベツには、食物繊維やビタミンU、ビタミンCなどの栄養素が豊富に含まれています。
ビタミンUは、キャベツから発見されたビタミン様成分で、ビタミンUは、胃酸の分泌を抑え、胃や腸の粘膜を健康に保つ働きがあるため、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の予防や改善に効果が期待されています。

参考文献

・Blomhoff R. (2005) “Dietary antioxidants and cardiovascular disease.” Curr Opin Lipidol. 2005 Feb;16(1): 47-54.

・Fowke JH, Morrow JD, Motley S, Bostick RM, Ness RM. (2006) “Brassica vegetable consumption reduces urinary F2-isoprostane levels independent of micronutrient intake.” Carcinogenesis. 2006 Oct;27(10): Epub 2006 May 15.

・CHENEY G, WAXLER SH, MILLER IJ. (1956) “Vitamin U therapy of peptic ulcer; experience at San Quentin Prison.” Calif Med. 1956 Jan;84(1): 39-42.

・CHENEY G. (1949) “Rapid healing of peptic ulcers in patients receiving fresh cabbage juice.” Calif Med. 1949 Jan;70(1): 10-5.

・西崎統 鈴木園子 専門医がやさしく教える食品成分表 PHP研究所

・吉田企世子 松田早苗 あたらしい栄養学 高橋書店

・則岡孝子 栄養成分の事典 新星出版

・本多京子 食の医学館 小学館

・野間佐和子 旬の食材 春‐夏の野菜 講談社

・池上保子 おいしく食べて健康に効く目で見る食材便利ノート 永岡書店

このページのトップへ