本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > クランベリー > クランベリー 参考文献

作成日 2012年09月13日
更新日 2015年12月22日

クランベリー

cranberry

クランベリーは北米三大フルーツのひとつで、赤くて小さい果実です。
プロアントシアニジン、キナ酸、ポリフェノールといった多彩な栄養素を豊富に含んでいます。
主にむくみや尿路感染症を改善する効果が期待されており、美肌にも有効であるといわれています。

参考文献

・石原 茂正 編 機能性ハーブの生理活性 (株)常盤植物化学研究所

・NPO日本サプリメント協会 サプリメント健康バイブル 小学館

・清水俊雄 機能性食品素材便覧 特定保健用食品からサプリメント・健康食品まで 薬事日報社

・健康産業新聞 第1446号(2012年8月1日)

・Avorn J, Monane M, Gurwitz JH, Glynn RJ, Choodnovskiy I, Lipsitz LA. 1994 “Reduction of bacteriuria and pyuria after ingestion of cranberry juice.” JAMA. 1994 Mar 9;271(10):751-4.
・Ferrara P, Romaniello L, Vitelli O, Gatto A, Serva M, Cataldi L. 2009 “Cranberry juice for the prevention of recurrent urinary tract infections: a randomized controlled trial in children.” Scand J Urol Nephrol. 2009;43(5):369-72.
・Han CH, Kim SH, Kang SH, Shin OR, Lee HK, Kim HJ, Cho YH. 2007 “Protective effects of cranberries on infection-induced oxidative renal damage in a rabbit model of vesico-ureteric reflux.” BJU Int. 2007 Nov;100(5):1172-5.
・Lipson SM, Cohen P, Zhou J, Burdowski A, Stotzky G. 2007 “Cranberry cocktail juice, cranberry concentrates, and proanthocyanidins reduce reovirus infectivity titers in African green monkey kidney epithelial cell cultures.” Mol Nutr Food Res. 2007 Jun;51(6):752-8.
・Sychev DA. 2011 “Cranberry preparations in urological practice: view of a clinical pharmacologist” Urologiia. 2011 Nov-Dec;(6):97-8, 100-3.
・Bonifait L, Grenier D. 2010 “Cranberry polyphenols: potential benefits for dental caries and periodontal disease.” J Can Dent Assoc. 2010;76:a130.
・Bodet C, Grenier D, Chandad F, Ofek I, Steinberg D, Weiss EI. 2008 “Potential oral health benefits of cranberry.” Crit Rev Food Sci Nutr. 2008 Aug;48(7):672-80.
・Bodet C, Chandad F, Grenier D. 2007 “Cranberry components inhibit interleukin-6, interleukin-8, and prostaglandin E production by lipopolysaccharide-activated gingival fibroblasts.” Eur J Oral Sci. 2007 Feb;115(1):64-70.​

このページのトップへ