本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > シトルリン > シトルリン 研究情報

作成日 2012年09月13日
更新日 2014年05月01日

シトルリン

citrulline

シトルリンは、すいかから発見された栄養素で、スーパーアミノ酸とも呼ばれている、アミノ酸の一種です。
ウリ科の植物に多く含まれており、一酸化窒素の生産を促すことで、血管を拡張させる効果を持ちます。
血流を改善する効果や、むくみや冷えの解消、疲労を回復する効果、筋力・精力の増強効果、美肌に対する効果などが期待されています。

シトルリンの研究情報

【4】ウサギに高コレステロール食と同時にシトルリン、アルギニン、抗酸化剤 (ビタミンE、ビタミンC) を与えたところ、これらの成分を併用で与えた群では血管弛緩および血流が改善し、動脈硬化傷害が抑えられたという報告があります。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16157883

【5】15名の健康な男性対象に5.6g/日のシトルリンもしくはプラセボを1週間与えた結果、シトルリンを与えたグループでは脈拍が下がり、血中の窒素酸化物(NO)が増加したことがわかりました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21067832

【6】シトルリンを与えたマウスと与えなかったマウスのそれぞれで、激しい運動として水泳をさせた際のシトルリンの影響を調べた研究があります。シトルリンの摂取によって、水泳の時間が延長され、血中の乳酸量も減少していました。シトルリンの摂取は、体内のアンモニアの解毒を促進させ、解糖系を抑えるという可能性があり、シトルリンがアスリートの運動パフォーマンスに役立つ可能性が示唆されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21908948

このページのトップへ