本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > スクワレン > スクワレン 研究情報

作成日 2012年09月13日
更新日 2014年05月01日

スクワレン

squalene

スクワレンは、サメ類の肝油から精製される不飽和脂肪酸の一種です。
体内で酸素を補給する働きを持ち、「酸素の運び屋」とも呼ばれています。
新陳代謝を活性化する効果や、血液を浄化する効果、美肌効果などが期待されています。

スクワレンの研究情報

【4】スクワレンは肌表面の主要な構成油脂として存在しており、軟化剤や抗酸化剤としての性質を示します。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19169201

【5】スクワレンは独特な物性と機能性を持ち、抗酸化機能と酸素運搬機能を持ちます。高コレステロール血症や心血管の疾患を抑えるとされ、生体内及び生体外でのスクワレンの機能性研究が進んでいます。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20874681

【6】スクワレンはヒトの肌表面で一重項酸素を消失させ、脂質の過酸化を抑える機能を持ちます。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/7742356

【7】ラットにエサとして2%のスクワレンを45日間与えると、LDLコレステロール値を低下させ、HDLコレステロール値を高めるという報告があります。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17201641

このページのトップへ