本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > パッションフラワー > パッションフラワー 参考資料

作成日 2012年09月13日
更新日 2014年05月13日

パッションフラワー

Passionflower 
Passiflora incarnata

パッションフラワーは、古代から南米の先住民族の間で、民間医療に使われてきたつる植物です。「自然の精神安定剤」といわれるほど強い鎮静作用があり、不眠症に効果を発揮します。特に神経の緊張や心配事により眠れない、寝付けないといった神経性の不眠症に有効です。鎮静・弛緩作用のある成分も含んでおり、頭痛や高血圧などにも効果があります。

パッションフラワー 参考資料

・Miyasaka LS, Atallah AN, Soares BG. (2007) “Passiflora for anxiety disorder.” Cochrane Database Syst Rev. 2007 Jan 24;(1):CD004518.

・Akhondzadeh S, Naghavi HR, Vazirian M, Shayeganpour A, Rashidi H, Khani M. (2001) “Passionflower in the treatment of generalized anxiety: a pilot double-blind randomized controlled trial with oxazepam.” J Clin Pharm Ther. 2001 Oct;26(5):363-7.

・Ngan A, Conduit R. (2011) “A double-blind, placebo-controlled investigation of the effects of Passiflora incarnata (passionflower) herbal tea on subjective sleep quality.” Phytother Res. 2011 Aug;25(8):1153-9. doi: 10.1002/ptr.3400. Epub 2011 Feb 3.

・Elsas SM, Rossi DJ, Raber J, White G, Seeley CA, Gregory WL, Mohr C, Pfankuch T, Soumyanath A. (2010) “Passiflora incarnata L. (Passionflower) extracts elicit GABA currents in hippocampal neurons in vitro, and show anxiogenic and anticonvulsant effects in vivo, varying with extraction method.” Phytomedicine. 2010 Oct;17(12):940-9. Epub 2010 Apr 10.

 

このページのトップへ