本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > ビタミン類 > ビタミン類 参考文献

作成日 2012年09月14日
更新日 2014年05月20日

ビタミン類

vitamin

ビタミン類とは、微量で体内の様々な機能を調節する働きを持つため生命活動に必要不可欠な成分です。
ビタミン類は体内でつくり出すことができないため、食品から摂取する必要があります。
ビタミン類には脂溶性ビタミンが4種類と、水溶性ビタミンが9種類あり、全13種類の総称をビタミン類といいます。

参考文献

・最新版 からだに効く栄養成分バイブル  中村丁次監修 主婦と生活社

・栄養素の通になる 第2版  上西一弘 女子栄養大学出版部

・栄養成分の事典 則岡孝子監修 新星出版社

・最新・最強のサプリメント大事典 原山建朗 昭文社

・栄養の教科書 中嶋洋子 新星出版社 

・新しい栄養学と食のきほん事典 井上正子 西東社

​・安全においしく食べるためのあたらしい栄養学 吉田企世子 高橋書店

​・よくわかる栄養学の基本としくみ 中嶋豊 秀和システム

・公益社団法人ビタミン・バイオファクター協会 HP

​​・Agte V, Tarwadi K. (2010) “The importance of nutrition in the prevention of ocular disease with special reference to cataract.” Ophthalmic Res. 2010;44(3):166-72.

・Zhu K, Devine A, Dick IM, Wilson SG, Prince RL. 2008 “Effects of calcium and vitamin D supplementation on hip bone mineral density and calcium-related analytes in elderly ambulatory Australian women: a five-year randomized controlled trial.” J Clin Endocrinol Metab. 2008 Mar;93(3):743-9.

・Crouse JR 3rd. 1996 “New developments in the use of niacin for treatment of hyperlipidemia: new considerations in the use of an old drug.” Coron Artery Dis. 1996 Apr;7(4):321-6.

・Moĭseenok AG, Gurinovich VA, Omel'ianchik SN, Slyshenkov VS. “[Coenzyme A biosynthesis as universal mechanism of conjugation of exogenous and multiple pantothenic acid functions].” Ukr Biokhim Zh. 2004 Jul-Aug;76(4): 68-81.

このページのトップへ