本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > 葉酸 > 葉酸 研究情報

作成日 2012年09月14日
更新日 2014年05月02日

葉酸

folic acid
プテロイルモノグルタミン酸 ビタミンB9 ビタミンM

葉酸とは、水溶性のビタミンB群の一種で、ビタミンB12とともに赤血球の形成を助ける栄養素です。この働きから、造血のビタミンとも呼ばれます。また、葉酸は胎児の正常な発育に寄与する栄養素としても重要な働きを行うため、特に妊娠初期の女性に必要です。

葉酸の研究情報

【4】葉酸摂取と脳卒中、心臓病や腎臓病に対する研究8件を調査したところ、葉酸摂取により脳卒中のリスクを軽減することが確認されたことから、葉酸に脳卒中予防効果が示唆されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17544768

【5】動脈硬化症高齢患者818名を対象に、葉酸を1日あたり800μg 、3年間摂取させたところ、血清中葉酸濃度が上昇し、血漿中ホモシステイン濃度の低下とともに加齢による認知機能の低下が抑制されたことから、葉酸には認知症予防効果が期待されています。


http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17240287

【6】高ホモシステイン血症患者782名を対象に、葉酸を1日当たり800μg 、3年間摂取させたところ、加齢に伴う聴力低下が抑制されたことから、葉酸は聴力維持効果を持つことが示唆されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17200216

【7】思春期の女性150,700名を対象に、鉄と葉酸を毎週1回、4年間継続摂取させたところ、ヘモグロビン値と貧血に改善が見られたことから、葉酸に貧血予防効果が示唆されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18947031

【8】小児を対象に、硫酸第一鉄を1日当たり4.2mg と葉酸を1日当たり50μg 、3カ月間摂取させたところ、貧血に改善が見られ、ヘモグロビン値に改善が見られたことから、葉酸に貧血予防効果が示唆されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18670706


このページのトップへ