本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > モロヘイヤ > モロヘイヤ 研究情報

作成日 2012年09月14日
更新日 2013年09月18日

モロヘイヤ

mulukhiya
シマツナソ  Jew's mallow

アラビア語で「王様の野菜」という意味をもつモロヘイヤには、β-カロテンやビタミンE、ビタミンKなどのビタミン類やカルシウムやカリウム、鉄などのミネラル類、ムチンやマンナンといった水溶性食物繊維が豊富に含まれています。様々な健康効果が期待されている、人気の高い緑黄色野菜です。

モロヘイヤの研究情報

【4】20%グルコース(コントロール)および20%グルコース‐1%または2%モロヘイヤ葉抽出物(JML-SDF)のラット経口投与について比較検討しました。7名の健常男性に対し、225mlのJML‐SDFジュース(15gJML-SDF凍結乾燥物+75gグルコース)を毎朝飲用させた結果、コントロールと比較して血糖値が有意に低下していました。これらのことからJML-SDFは、血糖を抑える働きを有していると考えられました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15830920

【5】6週間マウスへのモロヘイヤ種子抽出物の投与は、脳内のカテコラミン量を有意に増加しました。また、マウス脳内の発作性機能障害にかかわるGABAの量を有意に増加しました。このことから、モロヘイヤは、カテコラミンや脳内のアミノ酸を増加させる働きがあると考えられました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14556490

このページのトップへ