本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > レシチン > レシチン 参考文献

作成日 2012年09月14日
更新日 2014年06月09日

レシチン

Lecithin

レシチンとは、ホスファチジルコリンとも呼ばれ、リン脂質と呼ばれる脂質の一種です。脳や神経組織などに多く含まれ、細胞膜の主要な構成成分です。体内ではあらゆる細胞の膜に含まれており、生理機能を担い、神経伝達物質のアセチルコリンをつくる際にも必要とされます。学習や記憶、睡眠、脂質の代謝にも関わっており、肝臓を保護する働きもあります。

参考文献

・Buchman AL, Sohel M, Brown M, Jenden DJ, Ahn C, Roch M, Brawley TL. 2001 “Verbal and visual memory improve after choline supplementation in long-term total parenteral nutrition: a pilot study.” JPEN J Parenter Enteral Nutr. 2001 Jan-Feb;25(1):30-5.

・Kanmaz T, Karakayali H, Sakallioglu AE, Ozdemir BH, Haberal M. 2004 “Polyunsaturated phosphatidylcholine protects against wound contraction in experimental skin burn injury.” J Invest Surg. 2004 Jan-Feb;17(1):15-22.

・Lechowski R, Bielecki W, Sawosz E, Krawiec M, Kluciński W. 1999 “The effect of lecithin supplementation on the biochemical profile and morphological changes in the liver of rats fed different animal fats.” Vet Res Commun. 1999 Jan;23(1):1-14.

・LeBlanc MJ, Brunet S, Bouchard G, Lamireau T, Yousef IM, Gavino V, Lévy E, Tuchweber B. 2003 “Effects of dietary soybean lecithin on plasma lipid transport and hepatic cholesterol metabolism in rats.” J Nutr Biochem. 2003 Jan;14(1):40-8.

・原山 建郎 著 久郷 晴彦監修 最新・最強のサプリメント大事典 昭文社

・中村丁次監修 最新版からだに効く栄養成分バイブル 主婦と生活社

・日経ヘルス 編 サプリメント大事典 日経BP社

・則岡孝子監修 栄養成分の事典 新星出版社

・井上正子監修 新しい栄養学と食のきほん事典 西東社

・中嶋洋子 栄養の教科書 新星出版社

このページのトップへ