本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > マイタケ > マイタケ 研究情報

作成日 2012年09月14日
更新日 2014年06月07日

マイタケ

Hen of the Woods  舞茸

マイタケに含まれるβ-グルカンの生成物であるMD-フラクションやX-フラクションには、免疫力を高めたり、生活習慣病の予防や改善に効果があることが証明されています。
また、ビタミンDの前駆体であるエルゴステロールが豊富に含まれ、骨や歯の代謝をサポートします。

マイタケの研究情報

【4】Ⅰ型糖尿病ラットに、マイタケ抽出物(SX-Fraction)を2.5g/kg を摂取させると、血糖値が低下し、インスリン感受性が向上しました。同時に、血圧を上げる物質レニン-アンジオテンシン系の活性が抑制され、血圧低下効果も示しました。マイタケに糖尿病予防効果とともに高血圧予防効果が期待されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22873755

【5】マイタケ抽出物とアシュワガンダを摂取することにより、免疫細胞マクロファージが活性化し、ストレスによる免疫物質IL-6, IL-12, IFN-γの産生低下が抑制されました。マイタケに抗ストレス作用、免疫向上効果が期待されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22540105

【6】正常マウスに、マイタケ機能成分(D-Fraction)を17日間腹腔内投与すると、免疫細胞マクロファージやヘルパーT細胞、免疫物質であるIFN-γ, IL-4, IL-10が増加したことから、マイタケに免疫向上作用と感染症予防が期待されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22583406

【7】動脈硬化マウスに、マイタケ3%含有粉末を摂取させたところ、血清コレステロールが低下し、動脈硬化指数に改善が見られたことから、マイタケに動脈硬化予防効果が期待されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19083429

【8】マイタケ発酵エキスにはバナジウムが豊富に含まれており、薬物誘導糖尿病ラットにおいて、糖化ヘモグロビン(HBA1c)の増加を抑制し、アドレナリンによる血糖値上昇も抑制されました。このことより、マイタケには糖尿病予防効果ならびに、血糖値低下作用が示唆されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19283341

【9】糖尿病誘発ラットに、マイタケ抽出物を摂取させると、血糖値上昇と血中トリグリセリドの上昇が改善されたことから、マイタケは耐糖能を改善し、糖尿病予防効果を持つと考えられています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18457360

【10】Ⅱ型糖尿病マウスに、α-グルカンを含むマイタケ抽出物を150, 450mg/kg を摂取させると、肝臓重量、空腹時血糖値、血中インスリン濃度、血中トリグリセリドやコレステロール値を改善されました。また抗酸化酵素であるSODやGSHpx、及び肝臓グリコーゲンを増加し、肝臓におけるインスリン感受性を高め、インスリンを分泌する膵臓に対する保護作用が見られました。マイタケはインスリン感受性を高めることで、糖尿病予防効果を持つと考えられています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17430642

【11】ラットを40匹に、マイタケ抽出物(SX-Fraction, D-Fraction)を摂取させると、収縮期血圧の上昇が抑制され、血圧上昇に関与する酵素アンジオテンシン変換酵素(ACE)の活性も抑制され、血圧降下が見られました。また、炎症関連物質TNF-αも抑制されたことから、マイタケは高血圧予防効果と抗炎症作用を有することが示唆されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/7820117

【12】高血圧ラットにおいて、マイタケを摂取させると、総コレステロールが減少し、またLDLコレステロールが減少しました。これらの結果より、マイタケには動脈硬化予防効果が期待されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/3443885

このページのトップへ