本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > ヒスチジン > ヒスチジン 参考文献

作成日 2012年09月14日
更新日 2014年05月13日

ヒスチジン

histidine

ヒスチジンとは、大人は体内で合成でき、子どもの場合は合成できないため、子どもにとっては必須アミノ酸となります。ヒスチジンは体内で成長に関与し、神経機能補助を行います。また、慢性関節炎の症状緩和、ストレスの軽減などの効果もあります。

参考文献

・Kasaoka S, Tsuboyama-Kasaoka N, Kawahara Y, Inoue S, Tsuji M, Ezaki O, Kato H, Tsuchiya T, Okuda H, Nakajima S. (2004) “Histidine supplementation suppresses food intake and fat accumulation in rats.” Nutrition. 2004 Nov-Dec;20(11-12):991-6.

・山下 敦生 “ヒスチジン・ヒスタミンによる抗炎症作用と脊髄保護効果に関する研究”

・Yan SL, Wu ST, Yin MC, Chen HT, Chen HC. (2009) “Protective effects from carnosine and histidine on acetaminophen-induced liver injury.” J Food Sci. 2009 Oct;74(8):H259-65.

・則岡孝子 栄養成分の事典 新星出版社

このページのトップへ