本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > アスパラギン酸 > アスパラギン酸 研究情報

作成日 2012年09月10日
更新日 2018年08月16日

アスパラギン酸

Aspartic acid
L-アスパラギン酸

アスパラギン酸はアミノ酸の一種で利尿作用があり、有害なアンモニアを体外へ排出し、中枢神経系を保護します。またカリウムやマグネシウムを細胞内に運び、疲労物質である乳酸をエネルギーに変える手助けをするため、疲労回復にも効果があります。
また、うま味を持つアミノ酸として、様々な食品に含まれています。

アスパラギン酸の研究情報

【4】高血圧患者104人に対して、アスパラギン酸カリウムを1日あたり 30mmol /4週間摂取させたところ、収縮期血圧で改善が認められたことから、アスパラギン酸カリウムが高血圧予防効果に有益であると示唆されました。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15740932

このページのトップへ