本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > マテ茶 > マテ茶 研究情報

作成日 2012年09月14日
更新日 2014年06月07日

マテ茶

マテ【Chimarrao Hervea マテリーフ イエルバ・マテ エルバマテ】

マテ茶とは、南米大陸南東部地区で生産されている飲み物で、カルシウム、亜鉛、鉄、食物繊維、葉緑素(クロロフィル)を豊富に含んでいるため、慢性的な野菜不足を補うほどバランスの良い健康効果を持つことから「飲むサラダ」ともいわれています。マテ茶には、肥満を抑制したり、コレステロールを低下させるなどの効果があります。

マテ茶の研究情報

【4】健常成人47名を対象に、マテ、ガラナ、ダミアナ含有錠剤を45日間摂取させたところ、胃のはたらきを穏やかにし、体重増加を抑制することが確認されました。マテを含む製剤に抗肥満効果が期待されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11424516

【5】マテ茶には抗糖化作用を持つことが研究によりわかりました。この働きは緑茶では確認できなかったことから、種々の飲料茶の中でも、マテ茶の有力な機能性として注目されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15894431

【6】ラットにマテ抽出物を投与したところ、長期及び短期の学習能力と記憶能力の改善が見られました。このはたらきは脳内におけるアデノシン受容体拮抗作用によるものと考えられ、マテに記憶力改善効果や認知症予防効果が期待されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18948179

【7】マウスにマテ抽出物を200, 500mg/kg を投与したところ、パーキンソン病の改善が見られました。このはたらきは脳内におけるアデノシン受容体拮抗作用によるものと考えられ、マテにパーキンソン病予防効果が期待されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17486685

このページのトップへ