本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > アディポネクチン > アディポネクチン 参考文献

作成日 2013年01月25日
更新日 2013年01月25日

アディポネクチン

adiponectin

アディポネクチンとは、脂肪細胞から分泌される善玉ホルモンの一種で、エネルギー代謝に大きく関わっている物質です。その働きは広範囲に渡り、血管修復作用や脂肪燃焼作用、血管拡張作用などがあり、糖尿病を予防する効果や高血圧を予防する効果、メタボリックシンドロームを予防する効果などが期待されています。

参考文献

・Kubota N, Yano W, Kubota T, Yamauchi T, Itoh S, Kumagai H, Kozono H, Takamoto I, Okamoto S, Shiuchi T, Suzuki R, Satoh H, Tsuchida A, Moroi M, Sugi K, Noda T, Ebinuma H, Ueta Y, Kondo T, Araki E, Ezaki O, Nagai R, Tobe K, Terauchi Y, Ueki K, Minokoshi Y, Kadowaki T. (2007) “Adiponectin stimulates AMP-activated protein kinase in the hypothalamus and increases food intake.” Cell Metab. 2007 Jul;6(1):55-68.

・Okamoto Y, Kihara S, Ouchi N, Nishida M, Arita Y, Kumada M, Ohashi K, Sakai N, Shimomura I, Kobayashi H, Terasaka N, Inaba T, Funahashi T, Matsuzawa Y. (2002) “Adiponectin reduces atherosclerosis in apolipoprotein E-deficient mice.”

このページのトップへ