本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > サラシア > サラシア 参考文献

作成日 2013年01月29日
更新日 2014年05月15日

サラシア

salacia
サラシア・レティキュラータ コタラヒムブツ コタラヒム

サラシアはインドの伝統医学「アーユルヴェーダ」でも使用されてきた歴史を持つ、インドやスリランカなど熱帯地方に自生する、ニシキギ科サラシア属の植物の総称です。糖尿病予防や脂肪燃焼効果、美肌づくりに期待されるつる性低木の植物で、生活習慣病予防の強い味方です。

参考文献

・Heacock PM, Hertzler SR, Williams JA, Wolf BW. 2005 “Effects of a medical food containing an herbal alpha-glucosidase inhibitor on postprandial glycemia and insulinemia in healthy adults.” J Am Diet Assoc. 2005 Jan;105(1):65-71.

・Yoshikawa M, Nishida N, Shimoda H, Takada M, Kawahara Y, Matsuda H. 2001 “Polyphenol constituents from Salacia species: quantitative analysis of mangiferin with alpha-glucosidase and aldose reductase inhibitory activities.” Yakugaku Zasshi. 2001 May;121(5):371-8.

・Ismail TS, Gopalakrishnan S, Begum VH, Elango V. 1997 “Anti-inflammatory activity of Salacia oblonga Wall. and Azima tetracantha Lam.” J Ethnopharmacol. 1997 Apr;56(2):145-52.

・Collene AL, Hertzler SR, Williams JA, Wolf BW. 2005 "Effects of a nutritional supplement containing Salacia oblonga extract and insulinogenic amino acids on postprandial glycemia, insulinemia, and breath hydrogen responses in healthy adults." Nutrition. 2005 Jul-Aug;21(7-8):848-54.

このページのトップへ