本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > クレアチン > クレアチン 研究情報

作成日 2013年02月01日
更新日 2014年05月10日

クレアチン

creatine

クレアチンは、エネルギーの産生に関わるアミノ酸の一種です。筋力や身体機能を向上させる効果があるといわれており、スポーツ向けのサプリメントなどの素材として利用されています。

クレアチンの研究情報

【4】クレアチンは筋肉関連に対する機能性の他、精神疲労にも役立ちます。クレアチンを1日あたり8g の量で5日間摂取させたところ、精神疲労が軽減されました。クレアチンは心的疲労軽減が期待されており、そのはたらきは脳の酸素利用量増加によるものと考えられています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11985880

【5】クレアチンを摂取することにより、ハンチントン病やパーキンソン病ならびに筋肉萎縮性側索硬化症(ALS)の改善に役立つことが報告されており、クレアチンに神経疾患予防効果が期待されています。一方、クレアチンは動脈硬化の原因因子ホモシステインとの相関性が知られており、クレアチンがホモシステインを抑制することで、動脈硬化予防効果を持つと期待されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12044443

このページのトップへ