本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > フラーレン > フラーレン 研究情報

作成日 2013年02月01日
更新日 2014年05月21日

フラーレン

fullerene
C60

フラーレンは、炭素でできたサッカーボール型の分子で、強い抗酸化力を持っており、その働きから美白効果やシミ・シワ、ニキビ改善などが期待されています。化粧品に多く配合されており、近年注目が集まっています。

フラーレンの研究情報

【4】フラーレンのトリマロン酸誘導体が活性酸素(ヒドロキシラジカル)を除去することにより、神経細胞保護作用が期待されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9256500

【5】フラーレンは非常に高いラジカル補足能を有しており、高い抗酸化作用を持つと期待されています。
http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/ja00037a064

【6】ヒトメラノーマ細胞に紫外線(UVA)を照射すると、メラニン顆粒が増加します。その細胞へフラーレンを添加すると紫外線照射によるメラニン生成を抑制することが認められました。また、ヒト臨床試験においてフラーレン美容液を健常成人女性に1日2回、4週間および8週間、顔全体に塗布しました。その結果、メラニンインデックスは、4週目から低下し、8週目ではさらに低下していました。肌の血流量を示すヘモグロビンインデックス値(肌の赤み)では、8週目で低下していました。このメカニズムは、抗酸化力による抗炎症作用によるものだと考えられました。

このページのトップへ