本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > フラーレン > フラーレン 参考文献

作成日 2013年02月01日
更新日 2014年05月21日

フラーレン

fullerene
C60

フラーレンは、炭素でできたサッカーボール型の分子で、強い抗酸化力を持っており、その働きから美白効果やシミ・シワ、ニキビ改善などが期待されています。化粧品に多く配合されており、近年注目が集まっています。

参考文献

・増野匡彦 フラーレン生物活性 日本薬学会

・伊藤雅之 化粧品原料としての抗酸化剤フラーレン(2) COSMETECH JAPAN Vol.2 No.1 (2012)

・Takada H, Kokubo K, Matsubayashi K, Oshima T. (2006) “Antioxidant Activity of Supramolecular Water-Soluble Fullerenes Evaluated by β-Carotene Bleaching Assay” Biosci Biotechnol Biochem. 2006 Dec;70(12):3088-93. Epub 2006 Dec 7.

・Inui S, Aoshima H, Nishiyama A, Itami S. (2011) “Improvement of acne vulgaris by topical fullerene application: unique impact on skin care.” Nanomedicine. 2011 Apr;7(2):238-41. Epub 2010 Sep 29.

・H. Takada, H. Mimura, L. Xiaob, R. M. Islam, K. Matsubayashia, S. Ito & N. Miwa (2006) “Innovative Anti‐Oxidant: Fullerene (INCI #: 7587) is as “Radical Sponge” on the Skin. Its High Level of Safety, Stability and Potential as Premier Anti‐Aging and Whitening Cosmetic Ingredient”

・青島央江、都賀谷京子、後藤忠示、伊藤雅之、小久保研、山名修一、大島巧 (2009) “フラーレン類の抗酸化能評価および汎用化粧品成分の光分解抑制効果” 日本香粧品学会誌 33 (3) 149-154 (2009).

・Dugan LL, Turetsky DM, Du C, Lobner D, Wheeler M, Almli CR, Shen CK, Luh TY, Choi DW, Lin TS. (1997) “Carboxyfullerenes as neuroprotective agents.” Proc Natl Acad Sci U S A. 1997 Aug 19;94(17):9434-9.

・McEwen CN, McKay RG, Larsen BS (1992) “C-60 as a radical sponge” J Am Chem Soc, 114, 4412-4414, 1992.

このページのトップへ