本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > セサミン > セサミン 研究情報

作成日 2013年02月22日
更新日 2017年02月17日

セサミン

sesamin

セサミンは、ごまに含まれる抗酸化物質の一種で、肝臓の機能を高める働きがあります。二日酔いや悪酔いの予防に効果が期待できるだけでなく、酵素の働きをサポートすることで肝臓への負担を軽減し、ガンの予防にも効果が期待できます。コレステロール値や血圧を正常に保つ働きもあるといわれています。

セサミンの研究情報

【4】軽度高血圧症患者を対象に、セサミンを1日あたり60mgの量で4週間摂取させたところ、セサミン投与によって収縮期血圧3.5mmHg、拡張期血圧1.9mmHg 減少したことから、セサミンは高血圧予防効果が期待されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19352068

【5】高コレステロール血症患者 を対象に、セサミンを1日あたり32.4 mg の量で4週間摂取させ、その後1日あたり64.8mg の量で4週間、計8週間摂取させたところ、総コレステロール値およびLDLコレステロール値に改善が見られたことから、セサミンは高脂血症予防効果が期待されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8724120


このページのトップへ