本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > そば > そば 研究情報

作成日 2013年02月22日
更新日 2014年04月19日

そば

buckwheat
蕎麦
Fagopyrum esculentum MOENCH

そばは栄養豊富な穀類で、たんぱく質やビタミン類、食物繊維を豊富に含んでいます。特にフラボノイドの一種ルチンは、血管を強化や血流を改善する働きがあり、高血圧の予防や動脈硬化の抑制に効果が期待できます。ビタミンCの吸収を助けるため、美肌づくりにもおすすめの食材です。

そばの研究情報

【4】Ⅱ型糖尿病患者13名に食物繊維を1日50g (水溶性25g、不溶性25g) 6週間摂取させたところ、食物繊維を多く摂取した人では空腹時血糖値と尿中糖分値が減少し、総コレステロールとトリグリセリド、VLDLコレステロールの減少が見られたことから、食物繊維に糖尿病予防効果が期待されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10805824

【5】線維筋痛女性患者32名を対象として、ビタミンCを摂取させたところ、運動疲労による酸化ストレスの上昇が抑制されたことから、ビタミンCが抗疲労効果を持つことが示唆されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20666654

【6】ヒト黒色腫細胞にビタミンCを投与すると、NO産生および誘導性NO合成酵素(eNOSおよびiNOS)が阻害され、メラニン形成が抑制されました。ビタミンCがメラニン形成を阻害することにより、美白効果を持つと考えられています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21656367

【7】年老いたラットに100または200㎎/㎏のルチンを経口投与し、その行動(水迷路)および神経物質について調べました。その結果、年老いたラットの空間記憶能力が上昇しました。また、視床下部のドーパミンレベルが上昇することが分かりました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23087133

【8】デキサメタゾン誘発-海馬CA3領域の神経細胞死を誘発したマウスに対し、ルチン・オクラ・ケルセチンを予め投与したマウスは、対照群に比べ、CA3領域の形質的変化が有意に少なく、さらに歯状回領域の細胞死が有意に抑制されていました。このことから、ルチン・オクラ・ケルセチンは、神経細胞を保護する働きがあると考えられています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21740943

【9】ルチンは、ラット大動脈に対して、弛緩作用を有することが分かりました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12594537

【10】ルチンは、濃度依存的にウサギ血小板凝集を抑制することが分かりました。さらに、セロトニン受容体の分離、血小板遊離カルシウムの増加などが分かりました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12584792

【11】69名の妊娠期女性に対してルチンを飲用すると、足の静脈瘤の改善が認められたという報告があります。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17253454

【12】ルチン誘導体のオキサルチンが血液循環障害に基づく疾患に使用され、エコノミー症候群の治療に効果がある可能性が考えられました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12011968

【13】そば粉を焼いたパン(BWG)を摂取した結果、通常の小麦パン(WWG)よりも食後血糖値およびインスリン反応が低くなっていました。グリセミックインデックス(GⅠ)とインスリン値(GⅡ)はBWGが61(GⅠ)、53(GⅡ)でWWGが66(GⅠ)、74(GⅡ)でした。この結果からソバを食事として摂取していると、糖尿病患者において長期の耐糖能が改善する可能性が考えられました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11170616

【14】高脂血しょう患者7名についてそば粉10g/日を30日間投与した結果、総コレステロール値は食べる前と比べて食後、有意に抑制していました。このことから、そば粉には、血漿コレステロールを下げる働きがあることが分かりました。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110002625214

【15】そば蛋白抽出物(20%)を蛋白源とした食餌ラット(BWPE群)を飼育し、筋肉、肝臓、脂質等を検討したところ、BWPE群ではコントロール群に比べ、脂肪組織重量が有意に低く、筋肉重量は、足底筋、腓腹筋で有意に増加していました。また、肝臓の中性脂肪量が低下していたことが分かりました。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110002795168

このページのトップへ