本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > フィチン酸 > フィチン酸 参考文献

作成日 2013年02月22日
更新日 2014年05月21日

フィチン酸

phytic acid
イノシトール6リン酸(IP6)

抗酸化作用があり、食用油の酸化防止などに利用されています。細胞の酸化を防いで、ガン細胞の発生と増殖を抑える効果があります。また、血液が凝固しにくくなるため、血栓予防効果もあります。

参考文献

・Karlov VA, Makarov VA, Bova IIa. (1984)  “[Treatment of the syndrome of disseminated intravascular coagulation in ischemic strokes].” Zh Nevropatol Psikhiatr Im S S Korsakova. 1984;84(9):1325-9.

・Grases F, March JG, Prieto RM, Simonet BM, Costa-Bauzá A, García-Raja A, Conte A. (2000) “Urinary phytate in calcium oxalate stone formers and healthy people--dietary effects on phytate excretion.” Scand J Urol Nephrol. 2000 Jun;34(3):162-4.

・Vucenik I, Podczasy JJ, Shamsuddin AM. (1999) “Antiplatelet activity of inositol hexaphosphate (IP6).” Anticancer Res. 1999 Sep-Oct;19(5A):3689-93.
 
・Jariwalla RJ. (1999) “Inositol hexaphosphate (IP6) as an anti-neoplastic and lipid-lowering agent.” Anticancer Res. 1999 Sep-Oct;19(5A):3699-702.

このページのトップへ