本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > オオバコ > オオバコ 研究情報

作成日 2013年03月20日
更新日 2014年05月08日

オオバコ

plantain
大葉子 カエルッパ スモウトリグサ 車前草 車前子  psyllium  

オオバコは、人が多く歩く場所に自生している植物で、世界各国に広く分布しています。オオバコ科の植物は、世界中で200近い種が知られています。オオバコはのどの痛みや咳を鎮める効果があることから、茎や葉をお茶などにして飲用されています。

オオバコの研究情報

【4】オオバコに関する8つの研究結果から、メタ解析を行った結果、オオバコを1日あたり10.2g の量で8週間以上摂取することで、総コレステロールが4%、LDLコレステロールが7%減少したことから、オオバコは高脂血症予防効果を持つと考えられています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10648260

【5】オオバコと大豆たんぱく質を併用することにより、収縮期および拡張期血圧がそれぞれ8 mmHgおよび2 mmHg低下したことから、オオバコは高血圧予防効果が期待されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11641293

このページのトップへ