本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > ベルガモット > ベルガモット 研究情報

作成日 2013年03月21日
更新日 2014年06月07日

ベルガモット

bergamot
citrus bergamia

ベルガモットはイタリアが原産地のミカン科の植物です。ベルガモットから採れる精油は、アロマテラピーや香水、紅茶の香りづけとしても利用されています。甘い柑橘系の香りをしており、ストレスをやわらげる効果や体を温める効果があります。

 

ベルガモットの研究情報

【4】最近の研究で、ティー・ツリー、ベルガモット、ラベンダーなどが、抗細菌作用、抗真菌作用を有することが分かりました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22133088

【5】タイム、クローブ、ローズ、ベルガモット、フェンネル、ユーカリの混合物を炎症性関連酵素COX-2が発現する細胞(LPSによって誘発)に加えたところ、COX-2の発現を抑制することが分かりました。ベルガモットを含む混合物は、炎症を抑制する働きがあることが示唆されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19578162

【6】ベルガモットの成分を調べた結果、ベルガプテンとシトロプテンに炎症性物質であるIL-8が緩和されたことから、ベルガモットには抗炎症作用を持つと考えられています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21496221

このページのトップへ