本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > シリマリン > シリマリン 参考文献

作成日 2013年03月21日
更新日 2014年05月15日

シリマリン

silymarin

シリマリンとはヨーロッパに自生するキク科の二年草、ミルクシスル(マリアアザミ)の有効成分のことです。古くから肝障害の治療に民間療法として利用されてきたミルクシスルの種子に多く含まれているフラボノイド混合物であり、肝臓疾患の治療薬として活躍します。

 

参考文献

・Soto C, Recoba R, Barron H, Alvarez C, Favari L. 2003 “Silymarin increases antioxidant enzymes in alloxan-induced diabetes in rat pancreas.”Comp Biochem Physiol C Toxicol Pharmacol. 2003 Nov;136(3):205-12.

・村松 美那、豊田 尚美、安井 由美子、増村 健一、高宗 万希子、山田 雅巳、田中 卓二、太田 敏博、能美 健彦 2010 “gpt deltaトランスジェニックラットを用いたシリマリンとカプサイシンの化学予防効果の検討” 日本環境変異原学会大会プログラム・要旨集 (39), 145, 2010-10-29

・Pradhan SC, Girish C. 2006 “Hepatoprotective herbal drug, silymarin from experimental pharmacology to clinical medicine.” Indian J Med Res. 2006 Nov;124(5):491-504.

・Huseini HF, Larijani B, Heshmat R, Fakhrzadeh H, Radjabipour B, Toliat T, Raza M. 2006 “The efficacy of Silybum marianum (L.) Gaertn. (silymarin) in the treatment of type II diabetes: a randomized, double-blind, placebo-controlled, clinical trial.” Phytother Res. 2006 Dec;20(12):1036-9.

このページのトップへ