本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > パイナップル > パイナップル 研究情報

作成日 2013年03月26日
更新日 2014年05月10日

パイナップル

pineapple

パイナップルはブラジル原産のトロピカルフルーツです。
ビタミンCや食物繊維、たんぱく質分解酵素のブロメリンを多く含み、肉類をやわらかくする効果があります。
日本では沖縄県を中心に栽培されており、生食、缶詰、ジュースなどに使用され、用途は幅広いです。

 

パイナップルの研究情報

【4】ブロメラインは肉食品を柔らかくする特徴があり、パイナップルの皮から抽出されます。http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21813595

【5】3T3-L1脂肪細胞を用いた試験では、パイナップル酵素ブロメラインはTNFαによる脂肪分解を増進するほか、脂肪酸分解酵素ならびにリポ蛋白リパーゼの活性が抑制されたことから、パイナップルは高脂血症ならびに生活習慣病予防効果が期待されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22292054

【6】パイナップル酵素成分ブロメラインは、炎症性物質の分泌を抑制することから、潰瘍性大腸炎を抑制するはたらきが期待されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18160345

このページのトップへ