本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > オリーブ > オリーブ 参考文献

作成日 2013年03月26日
更新日 2014年05月08日

オリーブ

olive

オリーブとは、南ヨーロッパ、北アフリカ原産で地中海の沿岸に多くみられるモクセイ科の常緑樹です。オリーブの果実と核から生成されたオリーブ油が広く普及しています。オリーブはオリーブ油のほか、葉を活用したお茶や、化粧品、オリーブ染めなど多様な方面で活用されています。

参考文献

・独立行政法人国立栄養研究所 “「健康食品」の安全性・有効性情報「健康食品」の素材情報データベース”

・Ferrara LA, Raimondi AS, d'Episcopo L, Guida L, Dello Russo A, Marotta T. (2000) “Olive oil and reduced need for antihypertensive medications.” Arch Intern Med. 2000 Mar 27;160(6):837-42.

・Visioli F, Galli C.(1994) “Oleuropein protects low density lipoprotein from oxidation.” Life Sci. 1994;55(24):1965-71.

・Fernández-Jarne E, Martínez-Losa E, Prado-Santamaría M, Brugarolas-Brufau C, Serrano-Martínez M, Martínez-González MA. (2002) “Risk of first non-fatal myocardial infarction negatively associated with olive oil consumption: a case-control study in Spain.” Int J Epidemiol. 2002 Apr;31(2):474-80.

・Gonzalez M, Zarzuelo A, Gamez MJ, Utrilla MP, Jimenez J, Osuna I. (1992) “Hypoglycemic activity of oliveleaf.” Planta Med. 1992 Dec;58(6):513-5

・Bisignano G, Tomaino A, Lo Cascio R, Crisafi G, Uccella N, Saija A. (1999) “On the in-vitro antimicrobial activity of oleuropein and hydroxytyrosol.” J Pharm Pharmacol. 1999 Aug;51(8):971-4.
・住吉真帆、木村善行 “オリーブ葉の糖・脂質代謝作用(第2報)-デンプンおよびショ糖負荷マウスにおけるオリーブ葉エキスの血中グルコースに対する作用-“月刊医学と薬学  50巻 3号 341-346ページ

・Gonzalez M, Zarzuelo A, Gamez MJ, Utrilla MP, Jimenez J, Osuna I. (1992) “Hypoglycemic activity of oliveleaf.” Planta Med. 1992 Dec;58(6):513-5.   

このページのトップへ