本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > ムラサキ(紫根) > ムラサキ(紫根) 参考文献

作成日 2013年03月27日
更新日 2013年03月28日

ムラサキ(紫根)

lithospermi radix
lithospermum root  macrotomia euchroma  lithospermum erythrorhizon

ムラサキ(紫根)は、万葉時代から愛され、外用漢方薬に使われる生薬です。漢方では消炎、解熱、解毒剤として、日本では炎症、火傷などに外用薬として使用される紫雲膏の材料として使用されます。根にシコニンという色素を含み、明治時代まで重要な紫色の染料として用いられてきました。現在も観賞用として栽培されています。

参考文献

・難波 恒雄 著 和漢百科図鑑[I] 保育社

・監修:伊田 喜光、寺澤 捷年 編著:鳥居塚 和生 モノグラフ生薬の薬効・薬理 医歯薬出版株式会社    

・Hsiao CY, Tsai TH, Chak KF. (2012) “The molecular basis of wound healing processes induced by lithospermi radix: a proteomics and biochemical analysis.” Evid Based Complement Alternat Med. 2012;2012:508972.

・Zhen-Jun S, Yuan-Yuan Z, Ying-Ying F, Shao-Ju J, Jiao Y, Xiao-Wei Z, Jian C, Yao X, Li-Ming Z. (2012) “β, β-Dimethylacrylshikonin exerts antitumor activity via Notch-1 signaling pathway in vitro and in vivo.” Biochem Pharmacol. 2012 Aug 15;84(4):507-12.

・Kim EK, Kim EY, Moon PD, Um JY, Kim HM, Lee HS, Sohn Y, Park SK, Jung HS, Sohn NW. (2007) “Lithospermi radix extract inhibits histamine release and production of inflammatory cytokine in mast cells.” Biosci Biotechnol Biochem. 2007 Dec;71(12):2886-92.

このページのトップへ