本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > β-クリプトキサンチン > β-クリプトキサンチン 研究情報

作成日 2013年03月28日
更新日 2013年03月29日

β-クリプトキサンチン

β-cryptoxanthin
β-CRP

β-クリプトキサンチンとは、温州みかんに特異的に多く含まれているカロテノイドの一種です。体内蓄積期間が他のカロテノイドよりも長く、血液によって体の隅々まで届けられます。近年、多彩な健康機能が期待される成分として注目されています。

β-クリプトキサンチンの研究情報

【4】UVB暴露マウスを対象に、β-クリプトキサンチンを10mg/kg の量で14日間摂取させたところ、メラニンの生成、皮膚の色素沈着が緩和されました。β-クリプトキサンチンは美白効果を持つと考えらえています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12455062

【5】ヒト肺ガン特異的モノクローナル抗体を産生する細胞にβ-クリプトキサンチンを添加した際、抗体(IgM)産生促進効果が見られ、さらにマウスの場合も同様に血中のIgM、IgA濃度が有意に上昇し、脾臓リンパ球においてはインターフェロン-γの産生が促進されたことから、β-クリプトキサンチンは免疫向上作用を持つと考えられています。   

このページのトップへ