本文へ


わかさの秘密トップ > 成分情報 > あじ > あじ 研究情報

作成日 2013年07月24日
更新日 2014年04月25日

あじ

Japanese jack mackerel
鯵 鰺
Caranginae

あじは、クセがないため食べやすく、様々な調理方法に適するため人気の魚です。DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸をはじめとした様々な栄養素がバランスよく含まれているため、幼児の成長や健康の維持、美肌に効果的として人気の魚です。

あじの研究情報

【4】白血球細胞では炎症関連物質のNF-κB が活性化されることで炎症が生じるが、DHA及びプロシアニジンを摂取すると、NF-κB の活性化を抑制し、抗炎症作用を持つことが示唆されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21954853

【5】小児気管支喘息患者29人において、EPA を1日84mg 及びDHAを1日36mg を含んでいる魚油を10ヵ月摂取したところ、喘息症状スコアが改善され喘息患者に特有のアセチルコリンへの過剰反応も改善が見られました。さらに、血漿中のEPA の量が増加したことから、DHAとEPAには小児気管支喘息に対して有効であると考えられます。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11153584

【6】ビタミンD の摂取量と骨折リスクと骨密度の関係を調査(17件、計52625名)したところ、50歳以上の女性において、ビタミンD 1日1200mg とビタミンD を摂取すると骨折リスクを軽減し、骨密度上昇に役立つことが確認されました。このことより、ビタミンD が骨の健康に役立つことが示唆されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17720017

このページのトップへ